陸っぱりシーバスゲームで55cm パターンはイワシ?【大阪湾奥】

陸っぱりシーバスゲームで55cm パターンはイワシ?【大阪湾奥】

日中は汗ばむ程暑くなってきたこの時期。海の中も当然、魚の活性も上がり熱くなっているだろう!と思い、5月25日に、シーバスを求め大阪湾奥エリアへナイトゲーム釣行へ出掛けた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

Kouta_Ochiai
Kouta_Ochiai

釣り、音楽、スケボーを愛するソルトアングラーです。大阪や島根でシーバス、ジギングをやっております。

Kouta_Ochiaiの担当記事を読む
×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪湾奥エリアの状況

今の時期大阪湾近郊は、カタクチイワシが入りそれにシーバスや青物が付く。沖堤ではカタクチイワシに付いたブリやメジロといった大型青物が連日のように釣れている。

同様に、シーバスもカタクチイワシに付いていて、カタクチイワシパターンが成立するのだ。さらにはナイトゲームで、バチパターンでのシーバス狙いも熱い時期でもある。

つまりはアングラーにとって毎日ソワソワする時期だ。

バチパターンで戦略組み立て

バチパターンも最盛期を過ぎた感は有るのだが、まだ行けるだろう!と思い、完全にバチを捕食するシーバス狙いでのゲームプランを組み立てていた。

陸っぱりシーバスゲームで55cm パターンはイワシ?【大阪湾奥】バチ専用ルアー

バチをイメージし、バチ用ルアーを表層付近でゆっくりとフワフワ漂わして、魚からの反応を得る!そんな感じで考え釣行に赴いたのだが。。

バチ見当たらず作戦変更

現地へ着いたのが午前3時頃。ゆっくりと下げの潮が効き始めている。水面を確認すると、肝心のバチが見当たらず。居るのは、巨大なボラの大群。さらにじっくりと観察すると、若干ながら7〜8cmぐらいのカタクチイワシの群れも確認できる。

そこで私はバチパターンを諦め、カタクチイワシを確認した事から、カタクチに付いたシーバス狙いへと変更した。バイブレーションをセットし明暗付近を狙う。ドリフトで流しながら明暗の切れ目を狙うが反応無し。流れのヨレも狙うがそこも反応が無い。

陸っぱりシーバスゲームで55cm パターンはイワシ?【大阪湾奥】バイブレーションへ変更

ボイルを狙い撃ちでヒット!

釣り開始から約20分。流れもそこそこ効き始めたタイミングで単発だがボイルが出たこれはチャンス!とばかりにボイルが起きた明暗周辺にルアーをキャスト。一度ボトムまで落としてからの小刻みなリフト&フォールで誘う。

すると、フォール中にゴン!ゴン!バシャバシャバシャ!闇夜にシーバスのエラ洗いの音が鳴り響く。静寂を切り裂くエラ洗いの音を聞きながらやり取りするこの瞬間がたまらない。

フッキングも綺麗に決まり、ゆっくりと魚を寄せてくる。結構簡単に足元まで寄って来た事から、小さいのか?と思いきや、足元に来た瞬間、グイグイ走られドラグが出ていく。時間をかけ、魚を十分に弱らせてから無事にネットイン。

55cm銀ピカシーバス!

陸っぱりシーバスゲームで55cm パターンはイワシ?【大阪湾奥】銀ピカ登場

あがってきた魚は55cm程の綺麗な銀ピカシーバス。カタクチイワシを食べているのか、なかなかのグッドコンディションの魚であった。

その後追加を狙ってキャストをするも、一瞬の時合だったか反応を得ることはできなかった。この魚がこの日唯一の一本となった。

当日のアクションとルアー

カタクチイワシを確認した事から、カタクチを捕食してるであろうシーバスに焦点を絞り、プランを組み立てた。この日唯一の一本となった魚は、モアザンのミニエント57sで獲れた。

アクションは、ドリフトさせながらの小刻みなリフト&フォール。そのフォール中にバイトが出た。

魚は自分達の視界から消える物に対して、強い興味を示すので、ルアーを魚の視界よりも上にしたり下に沈めたりする、リフト&フォールが有効になってくると考えられる。

次のページで今後の展望