漁港でのデイエギングで人生初キロアップアオリイカ【和歌山・串本港】

漁港でのデイエギングで人生初キロアップアオリイカ【和歌山・串本港】

5月中旬とは思えない日差しが照りつけるなか、5月18日は和歌山県串本町周辺の漁港へ釣友とエギング釣行してきた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

朝マヅメの串本港でエギング

朝マヅメからのスタート予定ということで、夜中の1時半ごろに出発すれば間に合うだろうと話合っていましたが、ここで私が寝坊してしまい、30分遅れて出発。長い道のりだったが、釣りの話など花を咲かせてると、約3時間で目的の串本港へ到着。早速準備を済ませ、辺りが薄明るく風も東風が少し吹いているという状況でスタート。

当日のタックルは、サオがスパイス80シャロー、リールはルビアス2510PE-H、ラインはPE0.8号、リーダーはフロロ3号、エギはエギザル3.5号のグリーン系をセット。

堤防の先端にはエギンガーが数人エントリーしていたので、堤防の手前から釣りを開始。6時半ごろの満潮潮止まりまでとりあえずキャストし続けたが、さすがに甘くない。

釣友も少し離れた堤防でキャストをしていたが、ウィードが引っ掛かるだけのようだった。そこで合流して並んでキャストを続ける。

潮が下げに入った途端にヒット!

少し休憩してからキャストを再開。しばらくして潮が下げに入った途端、堤防に流れが当たりヨレが発生し、漁港の中に浮いていた藻が外へ流れだしはじめた。そしてその流れよりも少し早くラインが引っぱられていく。「これは!」と思いフッキングを入れると、愛竿がバットから曲がり、流れに乗ってギュンギュン沖へ走る。

まさか釣れるとは思っていなかったため、タモもギャフも持っておらず、あたふたしながらも釣友に「きました!」と言うと、近くでヤエン釣りをしていた地元の方がタモを持って走ってきてくれた。

漁港でのデイエギングで人生初キロアップアオリイカ【和歌山・串本港】初のキロアップアオリイカ

しかし釣友がハンドランディングできるところで待っていてくれている。

なんとか手前まで寄せると、今までに釣ったこともないサイズのアオリイカが見えた。しかし、カンナに辛うじて足が掛かった状態。ビックリしながらもさらに慎重にファイト。そして釣友になんとかハンドランディングしてもらった。

計測すると1290g。キロアップを初キャッチすることができた!

漁港でのデイエギングで人生初キロアップアオリイカ【和歌山・串本港】1290gをキャッチ

その後もキャストを続けますがアタリはなく、風を避けるように漁港裏や地磯を一日ランガンしたが、朝の1匹だけで辺りも暗くなり、納竿。

3kgも期待できるポイント

帰り際、タモを持ってきてくれた方にお礼を言いに行くと、1kgはまだまだ小さい方らしく、2kg、3kgがいるとのこと。それでも私にとっては初のキロアップ、素晴らしい和歌山遠征となった。

<厚芝大輝/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
串本港