今週のヘラブナ推薦釣り場【神奈川県・八菅ファミリー釣り場】

サクラ前線とともに乗っ込み前線が北上し、各地のヘラが動き出した。関東地方は4月に予想外の雪が降り巣戻りか?と心配したが、その後は気温が上昇。ベストシーズンに入った。神奈川愛甲郡愛川町を流れる中津川の河川敷にある八菅ファミリー釣り場は、定期的に新ベラが放流されているため、魚影の濃さは抜群。年間を通して型を見られるが、これからの時期は数釣りが楽しめる。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

八菅ファミリー釣り場

相模川&中津川はアユ釣りのフィールドとしての知名度が高いが、ヘラ釣りの好ポイントも点在する。そのほとんどの釣り場は本流からの水が流れ込んでいるため水質がよく、ヘラの引きの強さに定評がある。

相模川第一漁協が管理するヘラ釣り場が5カ所ある。水深が深い、藻が密集しているなど、各釣り場ともそれぞれの特徴がある。八菅ファミリー釣り場を含め5カ所の釣り場は足場がよく、釣り座の後方に駐車スペースがある場所が多い。例年、年末から年明けにかけ新ベラが放流されていて、魚影が濃いので初心者にも十分楽しめる。

八菅ファミリー釣り場の図

河川側の上流がポイント

ポイントは大きく分けて河川側と山側。冬場は多少のポイントによる差はあるが、水温が上がってくるとほとんど差がなくなる。

人気なのは河川側の上流。ここは年間を通しエサ打ちが行われているので、居着きの魚が多い。また新ベラが着くポイントでもあり、混雑してもそれなりの釣果が上がる。

人気の河川側の様子

下流の吐き出し寄りは入釣者が少ないが、魚は居るので上流が混雑している時は特に狙いめ。

山側の上流付近は常連が作った既設の釣り台が数台並んでいる。空いていれば使用できるが、その隣に釣り台をセットしても釣果に差はない。どちらかと言うと底釣りをする人が多い。こちらも釣り座の後ろに駐車できる。河川側と比べると入釣者が少ないので、のんびり釣りを楽しみたい人にはお勧め。

釣り方とエサ

ウドンセットの宙釣りの場合、使用竿は9~12尺。道糸0.6~0.8号、ハリス0.35~0.4号上8~10cm下30~45cm、ハリは上バラサ5~6号下リグル2~4号。ウキはボディー3.5~5cm。

バラケは粒戦50㏄+粒戦細粒50㏄+サナギパワー100㏄+水150㏄で5分放置後、バラケマッハ300ccを絡める。食わせは力玉など。水温が上がってくると、両ダンゴやトロ巻きセットでも釣れるようになる。60cm前後のタナが釣果は安定する。

宙釣りタックル図

底釣りは10~13尺竿。道糸0.8~1号、ハリス0.4~0.5号上30~35cm下40~45cm、ハリはバラサ4~5号上下。ウキはボディー8~10cm、トップはPCかパイプの細が使いやすい。

エサは底釣り用のダンゴでも釣れるが、新ベラの量が多いので野釣りグルテンダントツの単品がお勧め。水量は分包されている袋に明記されているので、あとはウキの動きを見ながら調整する。

数年前に池を掘り下げているので岸寄りは底に変化があり、短竿の底釣りの場合はタナ取りを慎重に行う。

<週刊へらニュース 山野正義/TSURINEWS編>

▼この釣り場ついて
八菅ファミリー釣り場(ヘラ釣り場)
入釣料…¥800(店売り)
現場売りは¥1400。釣り台必携。
この記事は『週刊へらニュース』2019年4月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。