のべ竿ロックゲームで表層カサゴ狙い 岸壁際がポイント【三重・四日市】

のべ竿ロックゲームで表層カサゴ狙い 岸壁際がポイント【三重・四日市】

春本番となり、夜の釣りも快適な季節となった。このところメバルは少し下火だが、カサゴは絶好調。サイズこそバラバラだが、安定の釣果が続いている。そこで4月20日、三重県四日市の霞ケ浦ふ頭に出かけてみた。今回は、のべ竿ロックゲームで表層のカサゴを狙う。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

表層で釣るカサゴ

カサゴ=底というイメージがあるが、この時期は表層付近にも多くの魚が潜む。といってもプカプカ泳いでいる訳ではないので、狙うのは障害物周り。つまり岸壁際だ。

具体的にはカキ殻が堆積した層や、岸壁の構造によってはさらにその下にある段差など。ただし、それらは干潮になると露出するため、この釣りが成立するのは潮の高い時間帯だけとなる。特に、大潮になると潮が急速に下げてしまうため、楽しめる時間は短い。

 のべ竿ロックゲーム

スタートは満潮時刻の午後7時。

私のタックルは2.7mのノベザオに、ラインの先は1gのジグヘッドだけというシンプルなものだ。岸壁際に投入したらラインを張り、カーブフォールで探る。

のべ竿ロックゲームで表層カサゴ狙い 岸壁際がポイント【三重・四日市】タックル例

ほどなくコツンというアタリ。即座にアワセを入れ、段差に潜られないようサオ先を沖に向けて岸壁から引き離す。

サオ先をグイグイと絞り込んで上がってきたのは18cm級のカサゴだ。

同行のSさんはメバルロッドで連発。サイズは12~20cm程度だが、久々の数釣りを満喫している。

やがて下げ潮が効いてくると、セイゴらしきライズが出始めた。

50cmクラスのシーバス

急いでメバルタックルに替えてジグヘッドをキャスト。水面直下を泳がせると一発でヒットしたが、これが予想に反してデカい。

魚が沖にいるうちにラインの角度を保ったまま車に戻り、バッグから落としギャフを出す。

これでランディングはOKだが、ラインはエステル0.3号。しかもリーダーはいつ交換したか分からないヨレヨレの2ポンドだ。

足元まで寄せると、ライトに照らされたのは50cm級のシーバス。だが、それが悪かったのか、一気に走りだした魚は止まらない。ドラグを駆使して応戦するが、ここでリーダーが限界を迎えた。魚に申し訳ないことをしてしまった。フックはバーブレスだが、うまく外れてくれることを祈るしかない。

子供でも即ヒット

気を取り直して再びカサゴを狙うと、ここで川中さん母子が登場。周辺は探り尽くしたので、少し移動する。

娘さんにのべ竿を手渡し、簡単に説明すると即ヒット。イトの長さが決まっているのでルアーの位置をイメージしやすいのと、サオが長い分だけ魚を岸壁から引き離しやすいのがメリットだ。

メバルロッドでスタートしたお母さんは段差に潜られて無念のラインブレイク。そこでのべ竿でチャレンジしてもらうと、難なく1匹目をキャッチできた。

のべ竿ロックゲームで表層カサゴ狙い 岸壁際がポイント【三重・四日市】カサゴを無事ゲット

次のページで四日市港へ移動

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。