【響灘】船釣り最新釣果情報 タイラバで88cm大型マダイに青物も!

好釣果が続く九州は響灘の船釣り。タイラバで88cmのビックサイズ乗っ込みマダイが!その他青物も好釣だ。最新の船釣り釣果情報をまとめて紹介します!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

誠昭丸

4月21日、乗船者らは北九州市門司・片上港の誠昭丸の案内で響灘白島周辺へイサキ五目釣りで出船した。好ヒット中のイサキは、中~大型が10~20尾と数釣れマダイも多く交え5kgを筆頭に10尾のヒット。チダイも釣れ、乗船者らは多彩な好土産を持ち帰っている。

良型のマダイをゲット
▼この釣り船について
誠昭丸
出船場所:片上港

祥季丸

4月21日、北九州市門司区・大里港の祥季丸は響灘沖に出船。写真の小石澤さんは、タイラバで88cm7kgの大ダイを見事釣り上げ披露してくれた。これを筆頭に乗船者らにも1~3kg級が順調に釣れ、好土産をゲットした。渋い状況でも潮変われば好釣果が期待できる。

88㎝の大ダイを見事キャッチ
▼この釣り船について
祥季丸
出船場所:大里港

Elephant

4月21日、北九州市小倉港のElephantがタイラバで響灘方面に出船すると、乗船者2人同時にマダイがヒットするシーンもあり高活性。船中大ダイ71cm6kg頭に50cmまでを10尾のほかヒラマサ6kg、ハマチ5kg、アコウ、ボッコ、タカバ、アマダイなども追加した。

2人揃って仲良くマダイをキャッチ
▼この釣船について
Elephant
出船場所:小倉港

GREEN

4月22日、北九州市小倉北区・高浜港のGREENがタイラバで響灘方面に出船。当日は、下げ潮が動きだすと船は強風に逆らってぐんぐん流れていきマダイが好ヒット。船中ではマダイ73cm4kgオーバー2尾を頭に18尾、良型ヒラマサ7kgオーバー、大型アオナ、アコウなどをキャッチ。忙しい釣りを展開している。

キレイな桜色の大ダイをゲット
▼この釣船について
GREEN
出船場所:小倉北区高浜港周辺

EBISUYA

4月21日、北九州市門司・大里港のEBISUYAを利用したYさんらは、遊動テンヤで響灘沖に出船した。マダイは4kgオーバーを筆頭に順調に釣れた。良型のアマダイや大型アオナなども追加し多彩な好土産を持ち帰っている。今後も大ダイ交えた好釣果期待大。

4kg超えのマダイはずっしり重たい
▼この釣り船ついて
EBISUYA
出船港:門司大里港

太陽丸

4月21日、北九州市・小倉港の太陽丸が小倉沖~響灘のアマダイ五目釣りに出船すると、原田くんが大人顔負けの腕前を発揮し、大型アマダイを仕留めてみせた。また、20日に掛かり釣りで出船した際は、常連の盛重さんが良型イサキ、マダイ、チダイなどを釣っていい土産ができたようだ。

大人顔負けの腕前を披露

▼この船について
太陽丸
エリア:北九州エリア
出船港:小倉港

Trip

4月22日、北九州市戸畑港から案内中のTripがタイラバで響灘方面に出船。当日は潮変わり頃からシケとなり昼すぎに早上がりしたようだが、10才のアングラー・川上くんが大人顔負けの見事な腕前を披露し、良型マダイ4.5kgを堂々キャッチ。最高の笑顔で披露してくれた。船中マダイは型揃いで5尾が釣れたほかヒラマサ3kgやブリ5kgも浮上している。

良型マダイを堂々披露でニッコリ
▼この釣船について
Trip
出船場所:戸畑港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年5月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。