波止での投げ釣りで37cmカレイに20cm頭にキス11尾【兵庫県】

4月17日に兵庫・明石市の東二見人工島にある白灯台波止へ春のカレイと早場キスを狙って投げ釣りに出かけた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

当日の釣り座

この日は現地到着が午前5時過ぎ。釣友のSさんと好ポイントの白灯台の先端部に入り、私はカレイ狙いで内向きに釣り座を取り、Sさんはキス狙いで外向きに釣り座を取った。

先端部内向きでカレイを

当日のタックル

早速タックルを用意。投げザオはウインドサーフ33号405、リールはパワーサーフSS4000QD。カレイバリ15号の2本バリに、マムシとアオイソメを房掛けに刺して航路筋へキャストする。

当日の仕掛け

この日は中潮で、満潮が午前9時ごろ。港内でも潮の流れは速く、嫌な流れ藻がラインに引っ掛かり、巻き上げる度に重労働。しかも、漁船の出港時刻となって、続々と出て行くのでキャストができずに待機する。

キス狙いに変更

反対にS君はキスの寄り場を見つけて、ポンポンと良型キスをヒットさせている。これを見て、私も辛抱できず、キス引き釣り用のサオを出して仲間入り。キスバリ5号の5本バリにイシゴカイを刺して軽くキャスト。

2色付近から引きずり始めると、すぐにブルン、ブルルンと心地いいアタリがあり18cmのパールピンクに輝くキスがヒット。

キスはダブルも

良型カレイヒットも・・

今年は例年よりも早くキスが接岸した模様だ。次も同ポイントから引きずると、コンコン、グィーッとキスとは違う大きなアタリが出た。びっくりして慎重にリーリングすると、グイグイと強烈に締め込む。

仕掛けが細いのでヒヤヒヤしながら浮かすと、なんと大きなカレイだ。幸いタモを持参しているので、Sさんにランディングを頼むが、一瞬の気の緩みでハリスを飛ばされバラしてしまった。残念。

37cmマコガレイ!

このカレイを見て、外向きの方にカレイが寄っていると判断し、すぐにカレイ用のサオを投入。これが大正解で、しばらく待つとジィーッとQDドラグが悲鳴を上げた。

「きたぞ!」と、サオに飛びついてアワせると、ズシッとすごい重量感で乗った。今度は太い仕掛けなので余裕で浮かせてランディング。計ると37cmもあるプリプリのマコガレイだった。

次ページで最終釣果発表!