カセでのカカリ釣りで年無し頭にクロダイ5尾 全てオキアミで【三重】

カセでのカカリ釣りで年無し頭にクロダイ5尾 全てオキアミで【三重】

4月20日、三重県鳥羽市本浦のこじま渡船に釣行した。1日通してアタリがあり、全ての本命をオキアミ餌でキャッチした。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況

午前6時に出船して、この日に渡ったのは、大型交じりでコンスタントに釣れている大村一線カセ。早朝は季節風が強くてカセは大揺れだが、期待して準備に取りかかる。

タックルは、サオがアルティメイトスペック1.35BHに、リールはアスリートラガー65HGラインは2号でチヌバリ3号を結び、午前6時半にダンゴ釣りで始めた。

カセでのカカリ釣りで年無し頭にクロダイ5尾 全てオキアミで【三重】当日のタックル図

すると、前方のカキ棚が2mほどまでに近づいており、どうしたものかと思っていると、若船長がすぐアンカーの調整をしてくれて、無事に始めることができた。

早アワセでバラし

まず、潮の流れとエサ取りの状況を探る。ダンゴ割れの後、軽くなじませながら数投続けると、サシエサのオキアミがアタリもなく取られる。コーンやサナギにも反応が良く、エサ取りの活性は高い。

続けると、時折サオを曲げるのは大型ヒガンフグ。この時期にうるさいウミタナゴは全くいないようだ。

1時間が経過したころ、ボケのサシエサで誘うとカツーンとした本命らしきアタリが出たが、その後は全くアタってこない。続けていると、徐々にオキアミが残りだし、コーンやサナギでは全く反応しなくなってきた。

黙々と続けて2時間が経過したころ、突然スッと穂先が入る。反射的にアワせると大型の重量感が伝わったが、すぐ外れてしまった。アワセのタイミングが早いようだ。

50cm年無し登場!

20分後が経過したころ、ゆっくり穂先を押さえ込むアタリが出た。聞きアワせで取り込んだのはクロダイ34cmだった。

さらに20分後、アタリをとらえると、後方のカキ棚へ走る。強引に止めると前方に走り、ラインを出してしのぐ。早朝に前方のカキ棚との間が少し開いたことで、無事に取り込めたのはジャスト50cmの年無し。サシエサはともにオキアミだった。

この後は遠巻きになったようで、全くアタってこなくなった。午前11時を過ぎると、これまで吹いていた風も収まってアタリが取りやすくなってきたのだが、ボケも残る状況のなか、しばらく休憩する。

次のページで追釣り&最終釣果発表!