春の山菜『ノビル』の酢味噌和えレシピ 夏の訪れの前に食べよう

GWも終わり日差しは初夏を思わせるようになり、春もそろそろ終わりになりました。春の山菜レシピ紹介の最後を飾るのは「ノビル」です。春が旬で料理のバリエーションも多彩、どこにでも生えているので、ぜひ釣りの合間に見つけたら持ち帰ってみてください。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 レシピ

ノビル

いろんな料理に使えるノビル

ノビルとはユリ科の多年草で、野原や川の土手などに自生しています。地下に球状の鱗茎があり、葉は細長く、夏に白紫色の花をつけます。

ネギに似たにおいがあり、味もそれに似てなかなか美味です。

収穫はできるだけ根元をつかんで引き抜けばいいのですが、結構な割合で鱗茎の上で切れてしまいます。雨の後、地面が緩んでいるタイミングを狙うか、小型のシャベルを用意しましょう。

ノビルの酢味噌和えの作り方

今回はノビル料理の定番、「ノビルの酢味噌和え」を紹介します。

ノビルの香りとさっぱりとした酢が食欲をそそります。また、シャキッとヌルッとした食感も面白いです。ぜひお試しください。

【材料】
ノビル10本前後、白味噌小さじ1、砂糖小さじ1、酢小さじ1、みりん小さじ1/2、ゴマ少々。

下準備

鱗茎の上10㎝ほどを残して葉を切る。上の方の葉は硬いので捨ててしまいます。

玉ねぎを掃除する要領で、汚れた薄皮をむき、根を包丁で落とします。

手間がかかるのは下処理のみ

酢味噌を作る

すり鉢にゴマを入れて軽くすりつぶします。そこに味噌、砂糖、酢、みりんを入れてしっかり擦ります。

酢味噌を作ります

茹でる

掃除が終わったノビルを、沸騰したお湯で2~3分ゆがきます。大きなノビルは火が通りにくいので、葉がくたっとするまで茹でましょう。

茹で過ぎ注意です。

茹だったらザルにあけ、水を切ります。

和える

最後に水を切ったノビルを酢味噌の入ったすり鉢に移し、軽く和えれば完成です。下処理がちょっと面倒ですが、料理は超簡単なので、挑戦してみてください。

軽く和えたら完成です

ノビルは今回紹介した以外にも、しょうゆ漬けや天ぷら、酢漬け、餃子のタネなどなど、いろいろな料理に使える万能食材です。ネギ、ニラを使う料理はどれもノビルに置き換えて応用できるので、いろいろ試してみてください。

<中西/TSURINEWS・関西編集部>