37家族が参加「マス釣り&河川浄化運動」に密着【兵庫・一庫大路次川】

4月28日、兵庫・川西市の猪名川水系一庫大路次川で「マス釣り&河川浄化運動」が実施され、多くのファミリーが集まってルアー&フライとエサ釣りに分かれて和気あいあいと一日を楽しんだ。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

37家族68人が参加

大会参加の皆さん

当日はファミリー37組、総勢68人が早朝から受け付けを済ませ、開会式終了後にはルアー&フライエリアとエサ釣りエリアの2つのエリアに仕切られた場所へと一斉に移動した。

ルアーエリアで40cmニジマス

ルアーエリアではいきなり40cmのニジマスがヒット!親子トリオで2尾目もゲットしていく。「娘の釣り上げた方がメタボかな?」と、お父さんがやや照れくさそうに話す。

ヒットパターンは、プラグのボトムリサーチからのトゥィッチ気味のリトリーブ。スプーンも同様に反応があるようだった。

釣り場は賑やか!

エサ釣りエリアで25cm級連発

一方、近接するエサ釣りエリアでは、ウキ釣りで25cm級のニジマスが連発。生イクラやマグロの切り身のさしエサをハリに刺し、対岸の流芯脇をゆっくりと流すと、次から次へとニジマスが掛かってくる。

子供たちが魚を釣り上げると、パパさんがハリ外し、エサ付けと大活躍だ。「その調子だよ!」と、励ますママさん。とってもアットホームな家族の応援を受けて子どもたちもとても張り切っていた。

家族手分けしてサポート

食後はみんなでゴミ拾い

食事後には大路次川周辺をゴミ拾いに参加。河川浄化運動では、一庫ダムスタッフや漁協スタッフがゴミを回収して仕分けをする。空き缶、ペットボトルをはじめ数多くのゴミを回収した。

スタッフがゴミを仕分け

みんなで手分けしてゴミ拾いをし、自然の大切さを改めて実感できた。

表彰と今後の一庫大路次川

河川浄化運動は入賞者の表彰式。お楽しみ抽選に入ると、ハラハラ、ドキドキ。ジャンケン大会も多いに盛り上がり、お食事券の争奪戦が繰り広げられた。

当日は、やや水量が欲しかったものの、40~45cmのニジマスが上位を制し、35~39cmも数多くノミネートされ、大接戦の大会となった。

6月下旬には、上流部はアユ解禁となり、知る人ぞ知る、ソ上アユのパラダイスとなることだろう。

<森雨魚/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
一庫大路次川(猪名川漁協)