小田原サーフの渚釣りで40cm級クロダイ登場【神奈川・酒匂川河口】

4月19日(金)、午前中に仕事が終わったので、クロダイの渚釣りに初挑戦した。エサ取りの猛攻の末、本命がヒット。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

酒匂川河口からエントリー

神奈川県小田原市の酒匂川河口からエントリー。釣り道具を持って砂浜を歩いては竿をだす。

用意したコマセは、オキアミ3kgに、チヌパワーVSP、チヌパワーV10白チヌを各1袋ずつブレンド。付けエサはオキアミを使用。

仕掛けは、竿1号5.3m、3000番のスピニングリールにミチイト2号、ハリス1.75号3m。矢引の長さぶんを遊動仕様にした。ハリはチヌ2号。

当日のタックル

エサ取りはフグとメジナ

足元の払い出しに数投コマセを打ち、20mほど先に投入しては、コマセをウキに被せる。やがて、コマセが効き始めると、フグの猛攻。「これは、キツいかな?」と、思っていると、エサ取りが小型メジナに変わる。

釣り始めてから2時間ほどたったとき、円錐ウキが消し込んだ。鋭い引きで沖に走ろうとする。慎重にやりとりの末、砂浜に寄せたのは、40cm弱のクロダイ。

本命を上げて笑顔の筆者

小田原周辺の状況

追加を狙うが、潮が上がるに連れ、波は強くなり、16時に納竿した。

小田原周辺の渚釣りはポイントが多く、朝マヅメは、ルアーが盛んで色々な魚が釣れている。次回は、その時間帯を狙ってみようと思う。

<週刊つりニュース関東版 APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
神奈川県小田原市酒匂川河口
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年5月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。