志摩沖ディープジギングでアコウダイ 深海の超高級魚【三重・トロ丸】

志摩沖ディープジギングでアコウダイ 深海の超高級魚【三重・トロ丸】

先日アコウダイの画像が、三重県志摩市越賀のトロ丸の船長から送られてきた。すぐに「25日に行くから」と予約を入れ、アコウダイ狙いのディープ(深海)ジギングへ行ってきた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ジギング初体験者が同伴

3月25日、一緒に行く人を探したが、年度末もあって皆さん忙しいようで、誰も行けなく1人で行こうと思っていると、入社してまだ1年たたない臼井君が私の側にいた。

彼は今どんな釣りも楽しいと感じているので、「ジギングに行くか」と誘うと休みを代わってもらい「行きます!」。

この時はまだアコウダイジギングだとは知らずに、後に他のスタッフからアコウダイジギングだと聞かされても、ジギング自体やったことがないので、どんな感じか全く想像がつかないようだ。

当日の状況

集合時間はいつも通り午前5時。船着き場では他の乗船者が4人。

3年前は深場のジギングで他に乗船者はほとんどおらず、私1人で乗ることが多かったのだが、最近はアカムツよりもさらに深い海域を狙いたい人も増えてきた感じがする。

当日のタックル

ポイントまでは1時間ちょっと。

臼井君にロジカル70#4にスピンドルN450gを付けて渡す。

はひと流し目はサオを握らず、隣でジグの動かし方を教える。

さすがにこの水深だとティップが戻らないので、次の流しはロジカル60#9にブルーヘブンL120Pw、ファイヤーライン1.5号でスパイV500gを付ける。

私はロジカル60#10にブルーヘブンL120Hiにファイヤーライン1.5号でスパイV500gを付けて落とす。

初アタリはバラシ

潮はトロトロなので、私のタックルでは600gの方か良かったかなと思いながらシャクると、ロッドティップにポンッとアタリが船長も見ていて2人で「食った!」。

魚を回収中に船長が写真を撮ろうとする、この船で回収中に写真を撮ると私はバラしてしまう。「写真撮らないで~、バラシてしまう~」と言うのは遅く、案の定バラしてしまった。

同船者はイカやらカサゴやらを釣っているが、なかなか本命のアタリがない。

ポイント移動で全員安打達成

3度目のポイント変更でその時がやってきた。ミヨシの人が「食ったよ!」。

その後私のロッドティップに優しいアタリ。船長に「写真を撮るなよ!」と念を押す。

志摩沖ディープジギングでアコウダイ 深海の超高級魚【三重・トロ丸】初挑戦でもアコウダイゲット

隣の臼井君を見るとアタリがあったのを見抜けず、イトフケが出っぱなしで魚がついているのが分からないようだ。「それ食ってるから巻いて!」と教える。

巻いている途中も自信がないようなので、船長に「ちょっと確認して」とお願いすると、ちゃんと魚らしい。

さらに他の乗船者にもヒットし全員ヒット。1人目はアコウダイ、私もアコウダイだ。3番目の人もアコウダイ。

次は臼井君だが、ラインが斜めに出てアコウダイが浮いてきた。初ジギングで初アコウダイゲット。そして他の2人も無事アコウダイをキャッチして、ひと流しで全員安打達成だ。

私も2匹目をゲット

志摩沖ディープジギングでアコウダイ 深海の超高級魚【三重・トロ丸】2匹目のアコウダイ

船長が魚を処理している間少し休憩。処理が終わって同じポイントを流すと、臼井君のラインがおかしい。

多分食っていると思うが、本人も半信半疑。また船長の確認の後、ヘトヘトの臼井君は力を振り絞ってリールを巻き2匹目をゲット。

私もこの日はちゃんと釣り、2匹目ゲットだ。

トロ丸のアコウダイは1人2匹までなのでこれで打ち止め。同船者もほぼ全員2匹釣ることができ、アコウダイは終了。

次のページで最終釣果発表