そらなさゆりが東京湾LTアジを堪能 1時間でツ抜け達成【弁天屋】

そらなさゆりが東京湾LTアジを堪能 1時間でツ抜け達成【弁天屋】

こんにちは。そらなさゆりです。「美味しいアジが食べたい」と、いうことで、東京湾金沢八景にある弁天屋から、久しぶりに午前LTアジに行ってきました。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

金沢八景弁天屋へ

そらなさゆりが東京湾LTアジを堪能 1時間でツ抜け達成【弁天屋】弁天屋へ

平日にもかかわらず、お客さんでいっぱい。片舷は1つのグループでにぎやか。仲よしで素敵です。

釣り人が多いということは、コマセを撒く人もたくさん。これは魚がいっぱい寄りそうです。

タックルとエサ

準備が整い、7時15分に出船。30分ほど走り、連日好調という本牧沖水深20mへ。見上げると高速道路が通っていて、面白い景色。

40号ビシにイワシミンチをゆるめに詰めます。パンパンにギューっと詰めるのではなく、空気を入れ込むようにふんわりと8割くらいの量にしておきます。

すると、いい~感じにコマセが出ていってくれます。きっちり10割入れちゃうと、詰まって出が悪くなってしまいます。何ごとも、少し力を抜くくらいが本領発揮できるんですね(笑)。

そらなさゆりが東京湾LTアジを堪能 1時間でツ抜け達成【弁天屋】コマセは8割

付けエサは、青イソメと赤短を用意。どちらを選ぶかは好みですが、私はいつも、まず前者を付けます。活性が高い日だなぁと感じたら、手返しのいい赤短にチェンジ。そらなさゆりが東京湾LTアジを堪能 1時間でツ抜け達成【弁天屋】当日のエサ

アジはタナ取りが命

いざ投入。仕掛けを落とし、着底したら1m巻き上げ2回シャクる。そしてもう1m巻き上げ、1、2回コマセを振って待つ。

そらなさゆりが東京湾LTアジを堪能 1時間でツ抜け達成【弁天屋】ラインカラーを確認

このとき、1mごとにマーカーが入っているミチイトは本当に便利。タナ取り命のアジ釣りには欠かせないアイテムです。この日、使用したサンラインの「シグロンPE×8」は、5色+1m、5mピッチで視認性がよく、タナが取りやすかったです。

シャクったあと、しばらく待っていると、なんと1投目からアタリ。慎重に巻き上げてくると、25cmの良型。

そらなさゆりが東京湾LTアジを堪能 1時間でツ抜け達成【弁天屋】アジヒット

まるまるしていて見るからに美味しそう。「きょうは、絶好調の日なのかも」。

2投目もすぐにアタリが来ました。サイズは少し小さくなりましたが、美味しそうなアジには変わりなし。何にしても美味しいですからね~。このあとも、1投1尾と打率好調。

1時間でツ抜け達成

コンスタントに釣れるのですが、ダブルやトリプルを狙って追い食いを待ってみると、それにはなかなか反応してもらえません。アジは口が軟らかいので、追い食いを待っている間に、せっかくついた1尾を逃してしまうことがあるので気をつけないと…。

欲張らずに、1尾ずつ確実に釣っていくのが手だと判断。

1時間ほどでツ抜け。

「おっ、きょうは良型がそろうかな?と思ったのに、どんどん小さくなっていくね~」と船長。

笑いあっていると、ここでこの日一番の強い引き。「これはいいサイズかも」と思ったら、正体はイシモチ。でも、大きなアジも小さなアジも、イシモチも、みーんな美味しいから大好き。

「大きいアジはお刺し身で、小さいのは塩焼きにして。イシモチはカルパッチョかな」なんて考えるのも、幸せなひとときですよね♪

ダブルヒットも達成

後半は少しアタリが遠のいてきましたが、それでも10時すぎにはお待ちかねのダブルヒットが到来。しかも、2連チャンで嬉しい~。3本バリの上と下にイソメを付けて、真んなかに赤短を付けていましたが、イソメに掛かっていました。

そらなさゆりが東京湾LTアジを堪能 1時間でツ抜け達成【弁天屋】ダブルでヒット

「やっぱりイソメが効くのかな?」と思ったとたん、今度は赤短だけに食ってきて、アジったら私を惑わせてくれます。

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。