伊藤さとしのプライムフィッシング【バランスの底釣り・基礎編①】

伊藤さとしのプライムフィッシング【バランスの底釣り・基礎編①】

伊藤さとしのプライムフィッシング。その日その釣り場で最良の釣りを目指す。今回のテーマは「バランスの底釣り・基礎編。」初回はエサ紹介。底釣りのエサと言って真っ先に思い浮かぶもの。それは『ダンゴの底釣り夏』だろう。読んで字のごとく底釣りに多く用いられる銘柄をこの機会に深く掘り下げてみたい。

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

ダンゴの底釣り夏のエサとは

あらためて聞くまでもないですが、ちょうどいい機会なので聞かせてください。ズバリ「ダンゴの底釣り夏(以下・夏)」とはどのようなエサでしょうか?

伊藤 さとし

おもに両ダンゴの底釣り用だよね。

粒子が細かくて比重がある。さらに魚粉系成分を含んでいるから集魚力もある。単品で使ってもいいし、いわゆる“夏冬マッハ”のようにブレンド性にも優れているよね。

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【バランスの底釣り・基礎編①】夏は必ずバッグに入れておこう


何はともあれ、両ダンゴの底釣りには夏が必携って感じがしますしね。これほどまで人気が出た理由はなぜでしょうか。

伊藤 さとし

「単純に釣れるエサだからじゃないかな。盛期はこのエサがないと釣りにならない、不安でどうしようもないって人までいるくらいだからね。」


つまり上ずりを抑えながら釣り込めるってことなのでしょうか?

定番のブレンド

伊藤 さとし

「まあ上ずる原因のすべてがエサが理由でもないけど、とくに底釣りの場合はなるべく上ずらせたくない。だから何も考えずにとりあえず夏を入れたブレンドで始める人が大半だよね。


定番化しているとも言えますね。

伊藤 さとし

「もはや、そうだよね。とくに前述した夏冬マッハのブレンドは、全国的に見ても圧倒的シェアを誇っている。グルテンセットのバラケに使ってもいいし、手水で練り込めば両ダンゴとしても最適だからね。」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【バランスの底釣り・基礎編①】寄せながら釣る両ダンゴブレンド


夏冬ペレ底なんてブレンドもありますしね。でもブレンドしないとダメなのでしょうか?

ブレントしないとダメ?夏単品とは

伊藤 さとし

いわゆる夏単品ってことだよね。見落としがちなんだけど、これが結構いいエサなんだよ。とくに魚がワキワキになるような高活性時に、底釣りで使うとすごく釣りやすいよ。


夏単品ですかぁ。どういう使い方なんですか?

伊藤 さとし

ダンゴの底釣り夏200㏄+水70㏄が基エサで、そこに手水を足して徹底的に練り込むいわゆる極軟ネバタッチってやつ。アタリが早くなるし、それでいてエサが軟らかいから、仮に空振ってもハリ切れがよくて上ずりも抑えられる。ただし高活性時限定だけどね。

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【バランスの底釣り・基礎編①】イチオシの夏単品


宙釣りの両ダンゴでも使えると聞いたのですが?

宙釣りの両ダンゴでも使える?ブレンド例

伊藤 さとし

「そうだね。夏は何も底釣り専用エサではないからね。

底釣り向きだけど必要であれば夏の重さとネバリが宙釣りで効果を発揮してくれる。


ブレンド例は?

伊藤 さとし

いずれも高活性時の話だけど、

浅ダナなら
バラケマッハ400㏄+浅ダナ一本400㏄+ダンゴの底釣り夏100㏄+水200㏄』

チョウチンなら
『ダンゴの底釣り夏200㏄+水200㏄+しばらく放置+凄麩400㏄+バラケマッハ200㏄』

管理池はもちろん、魚影の濃い野釣り場でもいいよね。」


いずれも夏が持つ重さとネバリを利用してってことなんですね?

伊藤 さとし

「そういうこと。だからここに挙げたブレンド例だけでなく、ちょっと重さがほしい場合に、少しずつ夏を差し込むのもいいよね。それで当日の有効性が明確になれば、次にエサを作る時には最初から夏を配合したブレンドにすればいい。」


逆にやってはいけないようなことは?

ブレンドでやってはいけないこととは?

伊藤 さとし

硬ネバタッチは効きづらいかな。とくに宙釣りの場合はほとんどない。底釣りでも特殊なケースに限られるよね。夏のような高比重のエサは、

基本的に軟タッチで使うことが基本。

それでもしエサ持ちが悪いようなら、そこから徐じょに硬くする。」


そのやり方は?

伊藤 さとし

「底釣りを例にするなら、夏の生麸を少量ずつ差し込むか、前述した夏単品のエサ(練り込む前)を別ボウルで作っておいて、必要な時に軟タッチのほうに適量混ぜ込むって方法があるよね。とくに上ずりがきつい場合は生麸を差すより、後者のような水を含ませてあるエサと合体させたほうがいいかもね。

 

次回も「バランスの底釣り・基礎編」です。

<週刊へらニュース 伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
隼人大池へら鮒センター
この記事は『週刊へらニュース』2019年4月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。