59cm頭に春マゴチ13尾 タナ取りが重要!【神奈川県・黒川本家】

59cm頭に春マゴチ13尾 タナ取りが重要!【神奈川県・黒川本家】

3月24日(日)、東京湾横浜山下橋の黒川本家 で今シーズン3回目となるサイまきエサビを使ったマゴチ釣りに出船。乗船取材した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の最終釣果

15時の納竿まで攻め続け、59cmを頭にトップ13尾と開幕3日目で大釣り。ゲストにはスミイカやヒラメ、ホウボウなど美味しい土産が上がり出だしから好スタートとなった。

攻めの釣りと言うのはこまめにエサを暴れさせ、積極的にアワセていくところにある。テクニカルで攻撃的な釣りを楽しんでみては。

【船長のコメント】

59cm頭に春マゴチ13尾 タナ取りが重要!【神奈川県・黒川本家】黒川剛俊船長

「今年は出だしから安定して上がっています。これから徐々によくなっていくので期待が持てますね。水深7~20mを狙いましたが浅場でも本命の顔を見たので今年は最盛期が早い可能性はありますよ」

<週刊つりニュース関東版 APC・四家 匠/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
黒川本家
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年4月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。