ボートライトゲームで良型メバル2ケタ ラッシュタイムも【名古屋港】

釣り仲間の高橋さんからお誘いをいただき、3月9日の夜、名古屋港のボートライトゲームを楽しんできた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日の状況

高橋キャプテンと松田さん、そして私の3人で愛知県・飛島村の筏川を出船したのが午後8時前。ちょうど満潮からの下げ始めだ。

最初に向かったのは、前日に陸っぱりで25cmのメバルをキャッチしたポイントの沖。明かりを点灯して停泊している作業船の周囲が、非常に魅力的に見えたのだ。ところが、いざ到着すると作業船がいない周囲は一面の闇で、おまけに強風。すぐに退散となった。

ふ頭の穴撃ちポイント

次に向かったのはふ頭の穴撃ちポイント。まだ潮位が高いため穴というより隙間だが、その隙間にルアーを撃ち込み、メバルとシーバスを狙う。

タックル図

まずは1.5gのジグヘッドに五目ソフト・ストレートをセット。カーブフォールで中層までのレンジを探っていくが、潮が効いていないせいか反応はない。

そこでジグヘッドをサイズダウン。思い切って0.4gまで落としてみた。船をピタッと止められなければ到底使えない軽さだが、キャプテンの操船なら大丈夫だ。

水面直下を漂わせるように誘うと、居食いのようなアタリ。そういえば、前日もこんな感じだった。慎重に聞きアワせると、ヒットしたのは25cm弱のメバル。さすがにこのサイズともなると迫力がある。

良型のメバルをゲット

やがて下げ潮が効いてくると、アタリも頻繁に出るようになったが、ここからセイゴの嵐。サイズは30cm前後を中心に時折40cm級が交じる程度で、数は出るもののパッとしない。

ラストは岸壁周り

そこで移動を試みるが、土曜の夜とあって出ている船も多く、いいポイントに巡り会えないまま時間だけが過ぎていく。

そろそろバチ抜けシーズン。ライズでも出ていればトップでも楽しめるかと思っていたが、水面に魚の気配はない数カ所のポイントでセイゴやカサゴ、小メバルをポツポツと拾い、最後にやって来たのは照明が水面を照らす岸壁周り。

気づけば風も収まり、いい状況になってきた。

50cmシーバス!

壁際に1gのジグヘッドをキャストし、張らず緩めずのラインテンションでフォールさせていくとコツン。次の瞬間サオ先が絞り込まれ、当日イチの引きにドラグが滑る。しかし、掛かり所が悪かったのか10秒ほどでハリが外れてしまった。

気を取り直してキャストすると再びヒット。ドラグはチリチリと音を立てるが、さっきの魚ほどではない。

サオの弾力を生かして浮かせると、50cm級のシーバスだ。

良型シーバスをゲット

メバルラッシュ開始!

壁際に沿って船を流しながら探ると、今度は根魚のような引き。

強引に浮かせると25cmのメバルだ。これを皮切りに良型ばかりが連発となり、船上はメバルラッシュにわいた。

ちょうど1カ月前に同じポイントを狙った時は、数こそ出るものの小型ばかりだった。海の中も確実に、春へと向かっているのだろう。

最後のポイントはメバルパラダイス