波止ショアジギング&ブッ込み サバ・アナゴリレー【兵庫・南芦屋浜】

波止ショアジギング&ブッ込み サバ・アナゴリレー【兵庫・南芦屋浜】

3月17日、友人の光吉くんと兵庫・芦屋の南芦屋浜に釣行してきた。もともと夜釣りでアナゴを狙いに行く予定をしていたのだが、サバが釣れているという情報を前日に得たので、急遽計画を変更。夕方にショアジギングでサバを狙い、日が暮れてからブッ込み釣りでアナゴを狙うことにした。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

大混雑釣り場でサバゲーム

午後4時前、南芦屋浜のベランダに到着。

南側ベランダは昨秋の台風の被害があったため立入禁止になっており、西側ベランダに釣り人たちの姿が集中している。日曜のためすごい人の数で、入る場所がない。ほとんど全ての人が投げサビキでサバを狙っていた。

なんとか場所を見つけて準備開始。

「1投目で釣れる気がする!」と謎の自信。

私は18gのピンク色のメタルジグをチョイスした。どのタナに魚がいるか分からない場合、メタルジグは縦に広く色々な深度を探ることができるので、パイロットルアーとして効果的だ。サバゲームスタート。

そして「1投目で釣れる気がする」という宣言通り、1投目で私のジグにヒット! いきなり25cmのナイスなサバをゲットした。

波止ショアジギング&ブッ込み サバ・アナゴリレー【兵庫・南芦屋浜】サバゲット!

アナゴ狙いはブッ込みで

しかし、連発しそうな気配はあったものの、あまりにも周囲の釣り人が多すぎて、まともにジグを投げる場所がない。オマツリしたり、もたもたしているうちに日が暮れてきて、サバの気配がなくなってしまった。

結局サバを釣ることができなかった光吉くんは、「僕たち夜の男の実力を見せつけてやりましょうよ!」などと、意味不明な発言をしながらアナゴ狙いの準備を始めた。

1本バリに中通しオモリを付けたブッ込み仕掛けで、エサには魚の切り身を使用。

私も同様にブッ込み仕掛けをセットし、夜の闇のなか、2人でアナゴ狙いを開始した。

早々にアナゴ登場!

開始していきなり光吉くんにいきなりヒット! 

あっさりと35cmのアナゴを釣り上げてしまった。意味不明な「夜の男」発言もあながちハッタリではなかったのかもしれない。

波止ショアジギング&ブッ込み サバ・アナゴリレー【兵庫・南芦屋浜】これば夜の男の実力か!?

その後は釣果なく時間ばかりが過ぎ、9時ごろ納竿。

2人とも貧果に終わったものの、この時期のサバとアナゴはかなりうれしい釣果である。

投げサビキでのサバは日中がメインで、1人3~5匹上がっていたそうだ。

<週刊つりニュース関西版 APC・町田りき/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
南芦屋浜
この記事は『週刊つりニュース版』2019年3月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。