東京湾口でのコマセマダイを徹底解説 実釣レポ付き【千葉県・庄幸丸】

東京湾口でのコマセマダイを徹底解説 実釣レポ付き【千葉県・庄幸丸】

「東京湾口でマダイの釣果が上向き」との情報を受け、3月19日(火)、内房勝山の庄幸丸からコマセ釣行。0.8~2.5kgが1~5尾に良型メジナが交じり、素晴らしい春マダイのスタートになった。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

富浦沖で大マダイ

9時に富浦沖へ移動。

水深は70mで、指示ダナは「52mの45m」。

左舷トモの井上さんに大ダイらしいアタリ。残念ながら一瞬にしてハリスを切られる。同時に私にもアタり、0.8kgを追釣。

次投でも同型が掛かり4尾目。井上さんの仕掛けを船長がチェック。お勧めの仕掛けに交換すると、すぐに小型ながら本命がヒット、仕掛けがもたらす釣果の違いに井上さんは驚く。

東京湾口でのコマセマダイを徹底解説 実釣レポ付き【千葉県・庄幸丸】マダイ1.8kg

30分ほど経過したころ、右舷トモの常連・平野さんが腹の大きな2kg級の黒ずんだ本命を釣り上げる。「良型は潮止まり前後に食う」という定説通りだ。

完全に潮が止まると、1時間ねばってもアタリはない。10時半に富浦沖の水深50~60mのカケアガリに移動する。

カイワリとマダイの一荷

潮は右舷方向に速く、最初のヒットは右舷トモの平野さん。
白っぽく、全体が長く見える魚体の2.5kg級。ハリスは4号10m。

東京湾口でのコマセマダイを徹底解説 実釣レポ付き【千葉県・庄幸丸】2.5kgクラス

右舷ミヨシ寄りの榎本さんのムーチングロッドが大きく曲がり、1.5kg本命と25cmのカイワリの一荷。

「全員が型を見ましたよ!」と喜ぶ船長。

沖上りの30分前、「この潮向きでは難しいな」と思っていた私の竿先が、ズドン、ズドン、ズドンと3回海面に引き込まれる。

終盤の嬉しいアタリに全身で喜びを感じつつ、巻き上げる。
途中の3段引きを楽しみ、1.5kgを船長にタモ取りしてもらい、私は5尾で納竿した。

東京湾口でのコマセマダイを徹底解説 実釣レポ付き【千葉県・庄幸丸】当日の釣果

【船長のコメント】

「仕掛けは指定された寸法の物を使ってください。船でも販売しています。
タナを守らないとほかの人も釣れなくなってしまうので気を付けてください。
今日まで釣果は不安定でしたが、これからは好釣りが多くなります。ぜひ遊びに来てください!」

<週刊つりニュース関東版 APC・木津光永/TSURINEWS編>

▼この船について
庄幸丸
エリア:内房エリア
出船港:勝山港

東京湾口でのコマセマダイを徹底解説 実釣レポ付き【千葉県・庄幸丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年3月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。