ヒレピンアマゴ20cm 天然魚を求めて奥座敷へ【奈良県・天の川】

ヒレピンアマゴ20cm 天然魚を求めて奥座敷へ【奈良県・天の川】

天の川の本流筋は、川迫ダムより下流は全域で成魚放流され、3月10日の解禁日は大変な混雑ぶりだったようだ。サオ頭で108匹、あとは20~50匹の方も居たようだが、渇水に加え、水温も低く、釣り人の熱気とは反対に、アマゴの活性にはムラがあったようだ。逆に言えば、多くのアマゴがまだたくさん川の中に存在しているということ。そこで3月16日、奈良県吉野の奥座敷を流れる天の川へ、アマゴ釣りに釣行した。

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

父と私で16尾キープ

ヒレピンアマゴ20cm 天然魚を求めて奥座敷へ【奈良県・天の川】父と二人で天然アマゴ16匹

おチビは全てリリースしたので、当日ビクに入れられたのは、父と二人で16匹。二人でサオを出せて、お土産もできたのでよしとしよう。

天の川の春の訪れは、あと2週間はかかりそう。ただ、本流筋ではかなり魚影が濃いので、木々の芽が膨らむころに、今度は毛バリを試してみたい。

<辻野惠一郎/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
天川村漁協  

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。