速報 波止ライトゲームで40cm頭にカマス40尾超【静岡県・伊東】

カマスが好釣だという情報をもとに静岡県の伊東へ。エギングタックルのキャロ仕掛けでライトカマスゲームに挑戦。風速11mの強風が吹く中でも、本命の40cmデカカマスをキャッチすることができた。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

伊東へ到着も強風・・

3月11日(月)明け方まで降り続いた雨も上がりのんびりと起き出したお昼前。

せっかくの平日休み何をしたものかなんて考えてたら、釣り仲間からちらっと聞いていた情報を思いだしドライブがてらに伊東まで行ってた。

着いてみると強風・・・

結構な風である。ここで初めてTSURINEWSリアルタイム天気&風波情報をチェック。するとびっくり風速11メートル。堤防の先端なんかはそれをさらに上回る爆風だ。

これでは釣りにならないかもと少し心配になり、立ち尽くしていた。

地元アングラーと交流

人気のない堤防

気が付けばいつもは常連さんで賑わう堤防にぽつんと一人たっている。そうすると背後から不意に話しかけられた。

声を掛けてきてくれたのは、何度か話したことのある地元のアングラーさんだった。その方も海の様子を見に来たがさすがに今日はやらないとのこと。

ですよね。笑

私も地元ならそのまま帰りますと、話ながらもいそいそとライフジャケットの準備を進める。

ひとしきり会話をしたあと、風裏などのありがたい情報を教えて頂いた。

強風対策タックル&リグ

予定ではライトゲームを行う予定だったが、この爆風ではアンダー1gのジグ単では後ろに飛んでいきそうだ。

急遽、保険のつもりで持っていた8フィート台のエギングロッドに2500番のリールに0.6号のPEラインを巻いたエギングタックルを使用することに。

仕掛けは中通しの重り2号にサルカン、その先の糸を60㎝程垂らしジグヘッドを結んだなんともアバウトなキャロ仕掛けで挑戦だ。

ライトカマスタックル

早速のアタリはカマス!

向かい風正面に向かってキャストすると飛ばないこともないかなと考えながら、も、着水までの糸ふけの悪さは過去最低レベルだとか、ブツブツいいながらテンションフォールしているとアタリが!

コツっとアタリらしき震えがロッドに伝わってきた!半信半疑で合わせたところやはり生命感。大事に大事にに巻いてくると25㎝程のカマスだった。

今日の目的はカマスだったのでとりあえず目標達成だ。

ためしにもう一投同じように投げると同じようなサイズがもう一匹。「あれ、爆風なのに楽しいかも」なんて思いながら、釣れるとは思ってなかったのでクーラーを取りに一度車へ。

ジグヘッド軽くすると

釣り場に戻るとアタリがぱったり途絶えてしまった。修行の始まりか・・・。

カマスは歯が鋭いのでリーダーのチェックをする。やはり擦れていたのでついでにジグヘッドを0.4gの軽いものに変更。するとまたアタリが出始めた。

数はここまで5本前後と出るものの、サイズの方がいまいち。前情報では良型が釣れているということだったが・・・。

ワームのサイズ変更で40cm!

ワームを2.5インチに変更し、キャスト。しばらくフリーフォールしてアクションを入れ、また落とすとギューンと今までとは違う引きのあたりが!

エギングロッドでのやり取りなので、ライトゲームロッドと比べると格段にスムーズではあるが、それでも十分な釣りごたえ。

上がってきたのは40㎝程のデカカマスでした!爆風の誰もいない堤防で本日の目標達成だ。

良型カマス!