シルバー系セミロングジグで86cm頭ブリ2尾【大阪府・シーライド】

シルバー系セミロングジグで86cm頭ブリ2尾【大阪府・シーライド】

2月15日、紀北方面へブリ狙いのオフショアジギング釣行に。1月までは加太沖が多かったが、最近の状況は淡路島南部沖などがいいようだ。今回は、その淡路島南部沖から沼島のポイントを巡った。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

淡路島南部沖の魚礁から

向かうポイントのベイトはイワシのようだが、ショート~ロングジグまでさまざまにアタっているとのことで、いろいろな長さや形のジグを準備してタックルボックスに詰め込む。

港を午前7時に出船して、1時間ほど船を走らせ、まずは淡路島南部沖からスタート。

しばらく何もなく、ポイントを少しかえながら探していく。すると、平地の中にあるポコッと小さな魚礁に魚が付いているのが魚探で見えた。

スイミング系ジグで86cmブリ!

水深は60m前後。ジグはオールグローの155gをセット。底に着いた後、シャクっていると早速真後ろの人にヒット!! 

シルバー系セミロングジグで86cm頭ブリ2尾【大阪府・シーライド】同船者にファーストヒット

それを聞いて私も中層まで上がっていたジグをすぐさま底に落とし直した。

あまり動かないスイミング系のジグをユルユルと動かしていると、底から10mほどのところでヒット!グングンと重たい引きを楽しませてくれる。上がってきたのは86cmのブリだ。

まだお腹もポチャッとしていて、おいしそうな魚体。

シルバー系セミロングジグで86cm頭ブリ2尾【大阪府・シーライド】よく肥えたブリをキャッチ

真後ろの人もブリをキャッチ!その後、ミヨシの人にもブリ、胴の間の人はメジロをキャッチしたが、しばらく魚からのお便りはなくなった。

ショートバイトに苦戦

お昼前にポイントを大きくかえることになった。移動中ご飯を食べ、少し睡眠もとり、次のポイントへ向けて体力復活。

次のポイントの沼島周辺の水深は60m前後。しばらく私は来ていなかったポイントだったので、ショート~ロングジグなどいろいろ試してみる。だが、アタリはあるもののショートバイトばかりで乗りきらず苦戦…。何かが合っていないのか食いが浅い。

そんな中、メジロが上がった! ジグはシルバー系のセミロングだったので、私も早速付けかえた。

だが、その後もまた沈黙が続き、ポイントに着け直すたびに魚の反応を魚探で確認する。魚影は結構映っていて中層まで盛り上がってはいたが、船を着けると魚が散ってしまうようだ。

アンダーキャストで2尾目!

シルバー系セミロングジグで86cm頭ブリ2尾【大阪府・シーライド】重量感あふれる1尾

そこで単純な考えで、ジグを遠くに飛ばして広範囲を探ってみることにしてみた。さっきまではソリッドモデルのロッドを使っていたのでキャストしやすい張りのあるチューブラーモデルに持ちかえ、アンダーキャストで遠くに飛ばした。

2回目のキャストをし、中層までシャクってくると…、ゴン! きた!! しっかりフッキングを入れて、魚を寄せてくる。あまり重さはなく大きくなさそうだが、とても元気に走り回っている。魚の姿も見え、キャッチしたのはメジロだ。

こちらもまだおいしそうに肥えている。

メジロがヒットした最中にほかの魚たちに少しスイッチが入ったのか、少しして同乗の二人もブリとメジロをゲット!! 

単純な思い付き作戦が成功なのかは不明だが…。とにかく追加できてよかった。

次ページで当たりルアーについて