疲れにくい釣り方のポイント3選!女性視点タイラバ実釣解説【東京湾】

初めまして!TSURINEWS・WEBライターのいわさきひろみこと『ぴろみん』です♪今回はタイラバ船に乗船して来ました。釣行だけでなく、「体力ないから1日巻き続けるのはしんどそう・・」「釣れてない時間が暇そうで・・」など、女性ならではの悩みに対し、女性視点でのアドバイスもしていきます!

東京都のリアルタイム天気&風波情報

いわさきひろみ
いわさきひろみ

「ぴろみん」こと、釣りが大好きな東京OLです。小型船舶操縦士免許二級所持。 マイエレキで房総リザーバーを中心にブラックバス釣りから、東京湾で海釣り、トラウト、海外釣行まで、幅広く釣りを楽しんでいます♪ ・ピュアフィッシングジャパン サポートスタッフ ・アングラーズアイドル 2017ファイナリスト

いわさきひろみの担当記事を読む
×閉じる

ソルトルアー オフショア

女性スタッフ同船「のんちゃん丸」

東京都大田区から出船している”のんちゃん丸“では、1年中タイラバを楽しむことができます。

女性でも安心のんちゃん丸

通常は乗合船ですが、チャーターも可能!少人数制でアットホームな船宿さんです。私がのんちゃん丸が大好きな理由の一つ・・・それは、”ことちゃん”という、女性のスタッフさんが居ることです。

釣れない間はいつも皆を盛り上げてくれ、アタリが出ると優しくネットフォローをしてくれる”ことちゃん”。

のんちゃん丸女性スタッフのことちゃん

女性にとって、お姉さんのような女性スタッフさんの存在はとっても心強いですよね。(もちろん、明るくて優しい野中船長も大好きです!)

おすすめタイラバタックル

オマツリ防止のため、タックルには決まりがあります。詳細はのんちゃん丸のホームページをご覧ください。

私のおすすめタイラバタックルはこんな感じです。

ロッド:OCEANFIELD TaiRubber OFTC-672MLT-120
リール:REVO TRV
タイラバ:カチカチ玉グリーンゴールド100g
ライン:NanoFiL COLORED 1
リーダー:VANISH Revolution14lb・3m

信頼出来るタックル!

釣り方は巻くだけ!

今日のルアーの重さは100g。水深は40m~80m。

カラーはグリーンゴールドで!

釣り方はとても簡単。ルアーを落として、ボトムについたらすぐに巻き続ける。アタリがあっても合わせずそのまま巻き続ける。たったそれだけで簡単!

姿勢と握り方で疲れ軽減!

①釣る時の姿勢

巻くだけと言っても、100gのルアーを深いところから巻き続けるのって、女性には結構力が要るので大変です。そこで女性でも丸1日巻き続けられる姿勢について説明します。

姿勢はまっすぐ!

足は肩幅に開いて、姿勢はまっすぐに正す!お腹を船の淵につけて、もたれかかると疲れにくいです。

②竿の持ち方

続いて竿の持ち方ですが、ロッドのトリガー(ハンドル部分のでっぱり)にかける指は、1本が基本ですが、疲れたら2本でもOK。

基本的なベイトタックルの持ち方です

女性は男性に比べて手も小さいので、自分の持ち易い持ち方に持ち変えることが疲れないコツです。

指2本でもOK

疲れたら中指や薬指など2本かけることも全然OKです。また竿が長くて余った部分は肘に挟むと使いやすいです。

脇に挟むことで疲れも軽減

竿のトリガーにかける指は、無理せずたまに持ち替えましょう。肘に挟むことで安定し、ルアーの動きもよくなるはず!

③巻き方

続いて、巻き方は、親指と人差し指で軽く握る。リラックスすることで一定のスピードで巻けて、アタリが出やすくなります。

巻き方も重要

無理せず釣りを楽しみましょう!

釣れない時間の過ごし方

タイラバは他の釣りと比べてアタリが多いわけではないので、釣れない時間をいかにリラックスして楽しむかがポイントです。

裏を返せば、お天気の良い日にのんびりフィッシングに最適!

大海原のロケーションは最高

私の楽しみ方1:アクションを考える

ボトムからどれくらい巻き続けるか、どのようなペースで巻くか、色々試してみることです。

今回の場合は、ボトムから5回ほど巻いてファーストヒットした後「1投目だったから底を取るのが鈍くて、実際はボトムすれすれで食べたのかな?」と考え、更に10回巻いた後、「また落としてみよう」とか「ゆっくり巻いた方がいいか、もう少し早く巻いてみようか」など。

こんな感じで魚の気持ちを考えながら釣りをしていました。

私の楽しみ方2:釣れる魚種が豊富

メインターゲット以外にもたくさんのゲストさんたちが顔見せてくれることもとても魅力的です。

真鯛以外にホウボウが釣れたり、今回はサバを釣った方も居ました。

5月にタイラバをした時には太刀魚が釣れる等、タイラバで釣れる魚は様々。このように「ルアーがどのように動くことで、どんな魚が食べるのかな?」と思いを馳せると、巻くことも楽しくなってきます。

私の楽しみ方3:景色を楽しむ。

のんびり釣りが楽しい!

大海原の色々なポイントへと走るので、そこで見る景色は様々。景色を贅沢に、のんびり堪能しながら楽しむ釣りは最高です!

次ページで実釣編でまさかの!?