ヒイカ沖漬け調達!夜のウルトラライトエギング【愛知県・名古屋港】

ヒイカ沖漬け調達!夜のウルトラライトエギング【愛知県・名古屋港】

12月、ベイエリアの冬の風物詩、癒やしのヒイカ狙い、釣友と愛知県名古屋市の名古屋港へウルトラライトエギング釣行をした。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

 

 

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

金城ふ頭ではノーバイト

ヒイカ沖漬け調達!夜のウルトラライトエギング【愛知県・名古屋港】ヒイカ用タックル

夕食を済ませてから、名古屋港中央エリアに向かった。

釣友と2人だけで釣りをするのは初めてで、車中から盛り上がっていた。

まずは港区金城ふ頭周辺の1カ所目でキャストを開始した。

しかし、前回のように諸条件がそろっておらずがっかり…。

30分ぐらいはキャストをしていただろうか…。

全くのノーバイトで移動を決意。

足を使ってポイントを探すことに。

底狙いで本命ヒイカ1杯目

ヒイカ沖漬け調達!夜のウルトラライトエギング【愛知県・名古屋港】序盤の底狙いで連続ヒット

次も小場所ながら、雰囲気はいい。

私の1投目は定番の底狙い。

上に浮きスッテ、下にイトオモリでウエートアップしたお助け仕掛けでカウントダウン。

フルキャストしていたラインが着底の合図を見せ、緩く小さな誘いをかけてテンションを保っていると、キュ~ンと重みを感じた。

軽く手首を返すようにアワセを入れると、グイングインと抵抗を見せ、水面に水鉄砲の波紋が広がった。

丁寧に抜き上げて1匹目のヒイカをキャッチ。

水面直下でもヒット!

ヒイカ沖漬け調達!夜のウルトラライトエギング【愛知県・名古屋港】釣友もヒイカをキャッチ

その次も底狙いの私に3連続ヒット。

そして、今度は釣友の軽いエギに反応が出た。

「いるいる~!追いかけてきた~!」と言いながら、水面直下ぐらいでヒット。

これで案内をしていた私もひと安心。

ここからは全力でウルトラライトエギングを堪能するまでだ。

潮止まりに向け活性低下

それからは大きな誘いの釣友の釣り方が功を奏したようで、タナも上ずってきた。

キャスト後のフォール抱きもあり、一気に釣友のペースも上がってきて徹底した底狙いの私は逆転されてしまった。

それでもボチボチと釣り上げることができ、沖漬け(陸漬け)用のタレにキープしながら数も増えていった。

しかし、前半の下げ潮がしっかり効いていた時間は好調だったが、潮が緩んできたころには活性が落ちてしまった。

そうなると私の底狙いが少しだけ効果がある時間帯もあり、後半は潮止まりに近づくにつれ反応がなくなってきた。

そして、「今度潮が動きだせば上向くだろうね~…」と言う釣友の言葉が少々怖かったが、「そろそろやめようか~」と珍しくいつも粘る私の提案に撤収となった。

次ページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。