ビニール片で高級マダイ?!高仕掛けで狙う!【和歌山県・藤原丸】

ビニール片で高級マダイ?!高仕掛けで狙う!【和歌山県・藤原丸】

マダイと言えば、関西を代表する好釣り場の1つとして挙げられるのが紀北・加太沖だ。ビニール片を付けた独特な「高仕掛け」で狙うマダイ釣りをレポート!

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

加太沖マダイは高仕掛け

加太沖でのマダイ釣りは、伝統的にビニール片を付けた長~い「高仕掛け」を使って行われる。

ビニール片で高級マダイ?!高仕掛けで狙う!【和歌山県・藤原丸】伝統的な加太沖マダイ仕掛け

このエリアのマダイは普段まきエサを食べておらず、さらに潮の速い場所で育つので特に美味。値段も1kg3000円、時には1万円近くになるほど高級なのだ。

そんな加太沖のマダイ釣りを取材すべく、12月10日、加太港から出船の藤原丸を訪問した。

朝はアオイソメで

この日は大潮で、マダイ狙いの潮としてはいい感じ。

朝5時30分、港にある藤原丸ののぼりの近く、自動販売機前に集合してから乗船。この日の乗船客は常連の他、近畿大学「釣友会」の藤原君、山田君、野口君の3人。

ビニール片で高級マダイ?!高仕掛けで狙う!【和歌山県・藤原丸】今回のタックル

各釣り座にはピンクのビニール片とアオイソメがあらかじめ置かれており、仕掛けやオモリも船に用意されている。たとえオマツリや根掛かりで仕掛けなどをロストしたとしても、すぐに予備を渡してくれるので、それらを持参する必要はないのだ。

6時に出船。波は穏やかだったが、風がやや強い。10分ほど走って友ヶ島付近のポイントに到着。水深は26mほど。

船長から「朝のうちは虫エサ(アオイソメ)のほうが食いはいいから、それでやって!」との指示が。

野口君と山田君は、加太のマダイ釣りをするのは2回目。そのためか、釣り開始直後は根掛かりやオマツリをしていた。

原因はオモリが着底した瞬間が分かっていないこと。加太沖では着底してすぐオモリを上げないと、速い潮でズルズルとオモリを引きずってしまうのだ。

船長の指導を受け、その後は2人ともオモリの着底をしっかり意識するようになり、2~3流ししたらすぐに覚えてしまった様子。高仕掛けの扱いも基本をしっかり守り、それからはトラブルなく釣り続けていた。

早速マダイがヒット!

船中ファーストヒットは常連の宮崎さんで、色鮮やかな40cm級のマダイをゲット。そしてチャリコサイズ、再び40cm級とさすがの腕前を見せてくれた。

もう1人の常連である山口さんにも30cm級が掛かり、野口くんにも同型がお目見え。

それからもチャリコ~30cm台のマダイが連発し、やはり今年のマダイはやや型が小さいのを確認できた。

ビニール片で高級マダイ?!高仕掛けで狙う!【和歌山県・藤原丸】小ぶりでも味は間違いない

魚がいるタナは船長がその都度指示してくれる。

好釣果のカギは、こまめに底どりを行い、狙いのタナをちゃんと攻めることができるかどうか。この日は釣友会のメンバーを含め、全員がカウンター付きの電動リールを使用していた。

ビニール片で大型登場!

9時ごろには船長から指示があり、皆がビニール片にかえていた。ポイントはだんだんと深くなっていき、約40m。

そこでなんと山田君に大きなアタリ!サオが海中に突き刺さりながらも、なんとか浮かせてきたマダイはかなり大型。タモに入ったのはなんと65cm。

底から3~4m巻き上げところでいきなりヒットしたとのこと。

ビニール片で高級マダイ?!高仕掛けで狙う!【和歌山県・藤原丸】65cmマダイ!おめでとう!

その後、宮崎さんに35cm級の良型アジ。藤原君に同型のアジ、サバがダブルヒット!それからはエサにアオイソメも付けてアジ、サバのお土産狙い。特にこの時期のサバは脂が乗っており絶品とのこと。

次ページで釣果発表!