難しいけど病みつきに?!東京湾カットウフグ釣り!【千葉県・吉野屋】

東京湾浦安の吉野屋のフグ乗合船は、この時期、カットウ仕掛けでアカメ(標準和名ヒガンフグ)を狙う。おととし、おいしい思いをした私は、釣友の井上さんと12月13日(木)に釣行した。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況

船宿に到着したのは出船1時間半前。座席選択ボードからはすでに10枚の札が外されており、私たちが選んだのは右舷トモ寄り3番と4番。

店内に入ると、店主から「包丁を研いで待っていますからね」と激励をもらう。

フグの看板が立った第一吉野屋丸には、右舷8人、左舷7人の15人が乗り込む。

7時、田島大策船長の舵取りで出船。

北の追い風を受けて船は東京湾を快速で南下。航程約1時間で南本牧の水深8m前後の水路に到着。

根岸湾周辺でポツリポツリ

27㎝と30cm級の一荷

開始時の天候は晴れ。風は北から7~9mと強いが、水路の中は風が半分ほど遮断され、平均波高は約0.5mと釣りやすそうだ。

8時、船長から「どうぞ」と投入OKの合図、北から南へ向かって流しながら実釣開始。

使う仕掛けは、胴突きとカットウを連結したもの。

前者にはバナメイエビの切り身後者には船宿で買ったアルゼンチン赤エビを装餌。時々、誘いを入れながらアタリを待つ。

反応は渋く、約45分間流したが、アタリはない。船中では3人が22~23cmを拾い釣る程度で、移動することに。

つぎは根岸湾入口付近にある水深10~15mのカケアガリ。ここでは、船中ポツポツと上がる。井上さんが胴突きに使ったブラックタイガーには24cmが食い付く。

群を抜いて掛けているのは右舷ミヨシ2番の土田さん23~28cmを5連発。続いて27cmと30cm級の一荷を披露。

午前中は拾い釣り

27㎝をゲット

10時半に小移動すると、井上さんに27cm。

カットウバリのハリスに曲り癖が付いているのに気が付いた私は、仕掛けを交換。25cmを掛けることができた。

水深15m前後の小柴沖に移動。私は小さなアタリをとらえるが、これは20cm級のシロギス。本命の気配はなく、15分ほどで切り上げる。

次は水深20~15mのカケアガリへ。船中では20cm級が5尾キープされるが、私は掛け損なう。

2度目のアタリに、聞き上げるようにアワせると27cm。

午後はアタリ増加!

正午に大きく移動、水深30~20mの猿島沖にあるカケアガリへ。ここはとてもアタリが多く、船中では17~28cmのコモンフグが連発。

私も25cm級と20cm級を追加して、14時半に沖上り。

船中釣果は16~30cm級アカメ、ショウサイ、コモン交じりで0~12尾。竿頭は土田さん、私と井上さんは仲よく4尾ずつだった。

今後、大貫沖のノリの栽培作業が終わるころには、太ったショウサイフグが待ち構えていると思う。

今回の実釣を踏まえ、次ページでカットウフグ釣りを解説しよう。

船中釣果も上々

次ページでカットウフグ釣り解説!