チヌダンス満喫!44cm頭に本命5尾!ダンゴ釣り【三重県・迫間浦】

12月5日、晩秋から相性のいい三重県・南伊勢町迫間浦の日乃出屋へ単独釣行。イカダからの寒チヌ狙いカカリ釣りを満喫した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

エサ取り刺激し本命誘う!

当日の天候は、晴れ間はあるものの左右・前後から吹きつける激風下でのトライ。

今回のタックル

さすがに水温も低下しているので、エサ取りの活性を高めて本命をお招きする作戦で、今回はシラサエビを自前に調達して現地へと向かった。

イカダに渡ってまずシラサエビとオキアミをアンコにしたダンゴをやや前方に、本命のサシエと踏んだサナギミンチに、丸サナギを混ぜ込んだダンゴを直下に投入してから、タックルをセットした。

前半戦はオキアミとシラサエビのエサをメインに打ち返しながら、投入ごと直下にサナギダンゴを打って、時合いを待つ作戦とした。

1時間ほどでオキアミとシラサエビのサシエはちびっ子ヘダイとコッパグレたちにかすめ取られる展開。数投に1回のテンポで直下をサナギで様子をうかがってみるが、本命の気配はないまま、あっという間に午前10時を回った。

じれったさと、縦横無尽に吹きつける強風にイカダが前後・左右にねじれて移動するので、終始手持ちでラインを出し入れする何とも釣りづらい展開に大苦戦が続く。

強烈ヒットはマダイ・・・?

午前11時、エビ用のハリにコーンを1粒刺して直下へ投入すると、いきなりゴンゴンとダンゴアタックが。

少しラインを緩めて集中していると、ダンゴが割れたと同時に穂先が突き刺さった。

ガツンという手応えに半信半疑でやり取りしたが、魚は一気にイカダの前方へ突進。止まったところで2~3回サオをあおって反撃に転じた瞬間、まさかのラインブレイク…。

アタリ・締め込み方・ラインの切れ口からして、おそらく良型マダイの仕業だ。
しかし、顔だけは見たかった…。

この後、吹きつける強風にアタリが取れず苦戦が続いたが、ピタッと風がやんだ瞬間、ようやく丸サナギで32cmの本命を仕留めることができた。

やはり、当たりエサはサナギと踏んで、オキアミとシラサエビでエサ取りをかわし、サナギ一本勝負での打ち返しモードを続ける展開が続いた。

サナギで44cm本命チヌ!

すると、午後2時を回ってだんだん風が収まってくると、ようやく本命チヌの気配を感じることができるようになってきた。

本命の感じて竿先にも気合が入る

丸サナギを1ヒロほどはわして集中。穂先がわずかに揺れたところでスタンディングショットを放つと、ガツンという良型の手応えが。

これは本命間違いなしと慎重に応戦し、2~3度の強烈な締め込みダンスをかわし44cmのシルバースターが登場。

「やっとかよ~!」と、これまでの厳しい展開が吹き飛んだ瞬間だった。

この後、丸サナギで35cmと31cmのチヌダンスを楽しみ、一気に気分は上昇気流に。

10分後またまた丸サナギをはわせていると、いきなり穂先がズボ~ンと海面へと突き刺さった。

先手を取られて防戦一方…。イカダの前後・左右へと縦横無尽に走りまくる猛烈な締め込みに、こちらも負けじと立ち上がって「お~っ、とっとっと。」と、イカダの上で縦横無尽に走りまくっての応戦が続いた。

最後のあがきで左手のロープ方向へ走りだしたので、「そうはさせん」とイカダの右端までダッシュ。

辛うじてロープ攻撃をかわし、やっとのことで海面に44cmのガンバリ屋さんが浮上した。

最終釣果は?

これを最後に再び激風コーナーへ突入したので、やむなく午後3時に早上がりでエンディング。

当日は水温の低下と激風で前半戦は苦戦を強いられたが、午後から風が収まった時合いをとらえて、44マグナム2発を含む本命5発を射止めることができた。

マグナム2匹で大満足だ!

<週刊つりニュース中部版 APC・松岡義彦/TSURINEWS編>

▼このイカダについて
日乃出屋
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年1月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。