伊良湖沖の冬の名物!イワシ泳がせヒラメ釣りが熱い【愛知県・優誠丸】

伊良湖沖での冬の名物・イワシ泳がせのヒラメ釣りが開幕して、釣果の便りが届き始めたので、12月6日に愛知県・南知多町の片名港から出船している優誠丸に乗って狙ってみた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

今後の展望は?

シーズン真っただ中のヒラメ釣り。本格的な冬を迎えればヒラメも肉厚になり、ブリやワラサなど大型青物も食ってくるようになるだろう。

冬は荒れる日も多くなるが、船の挙動を吸収できるよう胴調子で長めのサオを使ったり、ハリスを長くして生きエサが影響されにくいようにすれば釣りやすくなり、好釣果が期待できると思う。

シーズン真っ只中のヒラメ、まだまだ好釣果が期待できる

<週刊つりニュース中部版 中畑雅明/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
優誠丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。