90cm超えオオニベ!スロージギング&タイラバ【三重県・志摩沖】

三重県・志摩沖では、連日青物を中心に多彩な魚が釣れている。11月後半のとある日にワラサ、あわよくばブリを狙って単独スロージギング&タイラバ釣行をした。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

スロージギング&タイラバ準備

午前5時すぎに和具の港に到着。

釣り座は予約順で私は2番目、ミヨシを選択。トモは常連の世古さん2人組。私の隣は森脇さん。2人とも週末アングラーで、これまで何度も同船している。

5時45分ごろに出船し、御座沖に向かう。いつも通りスロージギングを2セット。スピニングとタイラバをそれぞれ1セット準備した。

船中1尾目はワラサから!

ポイントに着いて、船長の合図で早速フォール開始。ワンピッチワンジャークでリズムよくスタートを切った。

しばらくして世古さんにヒット。ロッドの弾力を使わず、リールを使ってあげるスロージギンガー特有のリーリングだ。上がってきたのは70cmほどのマダイ。

続いてきたのは隣の森脇さん。ドラグを鳴らして上がってきたのはワラサだ。

しばらくするとトモの世古さんもワラサをヒットさせた。

以前ならジグを替えるかと迷うところだが、自分の釣りを続けていればそのうちくるだろうと少し我慢できるようになった。ロングスライドするスパイナローで淡々とシャクリ続ける。

隣の森脇さんは連続ヒット3連発だ。船中ではボチボチとハマチやカサゴも釣れている。

まさかのオオニベ登場!

90cmのオオニベ

やがて7時を過ぎたころ、いったん回収し、フォール開始。そろそろボトムに着きそうだと思っていると、ティップに突然ドスンときた。

ドラグが悲鳴を上げるなか、じわじわとボトムから引き離す。ゴンゴンとたたくものの、青物のような引きでもない。船長は大ダイかも言いながら、タモを構える。

やがて現れたのは銀色のロングボディ。体型からヒラスズキかと思った。とにかくデカイ。

「オオニベだ」と言いながら、船長はタモを入れた。

体長は90cmほどあり、体高も20cmを優に超えていた

タイラバで50cmマダイ!

50cmを超えるマダイ

移動時に世古さんに聞くと、ボトムのみならず中層までしっかりと探っているとのこと。

ジギングで食い渋ってきたので、気分転換にタイラバにスイッチ。

淡々と巻いていると、ボトムから20m辺りでネクタイをかみ始め、そのままティップが舞い込んだ。上がってきたのは50cmを超えるマダイだ。

潮はトモから入ってくるようで、世古さんらがワラサやサワラなどを連続ヒットさせ、胴からはそのおこぼれに預かる状態だ。

ミヨシの森脇さんと私は終盤のドラマを期待しシャクリ続ける。

今日の釣果

森脇さんは良型チカキントキ、私もマトウダイやタイラバでハマチやウッカリカサゴを追加したが、ドラグが鳴るような大物のヒットはなかった。

そして午後2時前に沖上がりとなった。

志摩沖はこれからが青物本番。大型マダイやサワラも交じり期待膨らむエリアとなる。年末は仕事が忙しくなるが、仕事をどうやって休もうかと頭を痛めて足しげく通うことになるだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
和具漁港 
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。