贅沢過ぎる五目釣り!ブリにヒラメに尺アジにクロムツ!【相模湾】

11月後半、相模湾小坪港の洋征丸からアジ・タイ五目に釣行。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日は船五目釣り!

この釣りは始めてだったので、前日、船長に概要をたずねると、

「五目釣りなので、仕掛けはいくつか使い分けます。すべて船宿においてありますよ。
水深は50~250mまでを狙うので、ミチイトは300m以上巻いてある電動リールを持ってきてください。なければ、レンタルがあります。」

タックル説明のあと、釣り物や釣り方についても詳しく説明してもらい、不安なく準備することができた。

アジ泳がせ釣りから

あちこちで竿が大きく曲がる

7時に高木洋征船長の操船で18人を乗せ出港。20分ほど走った辺りでスローダウン。

「水深57m、底に着いたら、2m上げ、そこから、シャクって、アジを釣って下さい。掛かったら底から5mほど上げて待ってください」とアナウンス。

コマセカゴにイワシミンチを詰めて投入。

着低後、イトフケを取ってシャクると、すぐにアジのシグナル。そのまま指示ダナまで上げて待つと、ギューンと大きく竿先が入った。アワせるとヒット。

小気味いい引きを楽しんでイナダをキャッチ。

イナダ&ヒラメ連発!

ヒラメがヒット

アジの魚影は濃く、着底して誘うとすぐにアタる。待っていると、それを捕食する魚が食いついて船中あちこちで竿が大きく曲がる。

右隣の左舷3番の風間さん、右舷4番の鳴瀬さんそれぞれにイナダ。右舷胴の間の春日さんには、ヒラメ。

「着底したら、アジが付いたので、そこから、ゆっくりと誘い込みをしたら、底上2mでガツガツときました」とコメント。

8時半、右舷トモ2番の蓮沼さんに強烈な引き込み。慎重にやりとりして上がったのは、10kg近いブリで満面の笑み。

さらに、9時半過ぎ、左舷胴の間の石井さんがカンパチを上げる。

いいサイズのカンパチ

次ページで大アジ狙い!