船中マダイ26尾!ダブルヒット連発タイラバ絶好調【三重県・丸安丸】

キス乗合の時期を終えて三重県鳥羽市小浜港に回航された丸安丸。日ムラがあるもののティップランエギングとタイラバ乗合で好釣果が続いている。そこで11月下旬に釣行した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

よくばり釣りで出船!

船長の指示でいずれか不調ならどちらにも対応できるよう、タックル一式を持ってくるようにとのこと。いわゆる「よくばり釣り」だ。

当日同船したのは村田さんと、前週にアオリイカ20匹とマダイ5匹を釣り上げ、重症中毒状態の永村さんと筆者の3人。

午前7時に出港した。

菅島の採石場から昇る朝日

佐田浜から出航する巡航船、漁網ブイなどに警戒して船首で見張りに立っていると、菅島の採石場付近から日が昇る。

大漁祈願をして20分で答志島沖のポイントに到着した。

開始早々にアオリイカゲット!

開始早々に村田さんがアオリイカをゲットして期待が高まる。

海底の起伏が激しく、根掛かりでエギをロストして交換中にまたしても村田さんにヒット。周囲の裏切り者と言わんばかりの視線を浴びて、無事にタモに収まった。

またしても根掛かりで今度はリーダー元から切れたので、タイラバに変更して当地で実績のあるグリーンカーリーに60~80gのシンカーで30mラインを攻める。

しかし釣れてくるのはホウボウばかりで、イケスの中でグーグー騒がしいけれど味がいいので許せる。

移動で時合い突入

村田さんは相変わらずハイペース

正午ごろ、このポイントを見切って移動することに。

鳥羽市内に近い菅島水道と加布良古水道の潮流の複雑な所を流してみると、活発にアタリがあってネクタイのカラーに関係なく全員が釣れだした。

ダブルヒットも何度かあって、タモ入れが大忙しだ。

ここでも村田さんが冴えわたり、ヒラメを連続してゲットしていた。

そしてこの日の最長寸58cmのマダイが私にヒット。強烈な引き込みをドラグ調整でいなして取り込むことができた。

 

同船者もタイラバでマダイゲット

当日の釣果

当日船中の釣果

納竿時刻を過ぎても釣れ続き、船長の厚意で30分の延長。

午後2時30分に納竿した。

終わって見ればマダイを船中26匹、アオリイカ2匹、ヒラメ2匹、

ホウボウ12匹の好釣果に恵まれた。

 

<週刊つりニュース中部版 APC・出口和弘/TSURINEWS編>

 

 

▼この釣り船について
丸安丸
出船場所:鳥羽市小浜港
この記事は『週刊つりニュース版』2018年12月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。