船酔い釣行?女性アングラーが夜イカメタルで大奮闘【福井県・豊漁丸】

11月末、福井県敦賀市色ケ浜の豊漁丸に、マイカ&タルイカで乗船した。夜釣りのイカメタル釣行をレポートしよう。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

釣り座はミヨシへ

3連休の最終日だったこの日は交通渋滞が予想されたため、早めに家を出発。

幸い渋滞に巻き込まれることなく敦賀市内に入ったため、敦賀の名物であるヨーロッパ軒で夕食をとることにした。ここで釣り仲間の余吾さんと合流。ソースかつ丼と並ぶ人気のパリ丼をいただき、豊漁丸に向かった。

現地に到着し、乗船名簿に名前を記入して受付の時間を待つ。

午後9時に受付が開始。その後釣り座の抽選が行われ、右舷ミヨシに決定ミヨシから私、余吾さんと並んで釣り座を構えた。

豊漁丸に乗り込んで出船

船酔いも早々にマイカ連発!

タックル図

午後9時40分に出船。

ミヨシのデッキで不具合のあったスナップを取り換えていると、気分が悪くなってきた。そこで酔い止めを飲み忘れたことに気付き、すぐに服用したのだが時すでに遅し。完全に船酔いとなり、トモのキャビンで横になった

30分ほどしてポイントに到着。つらかったが最初からリタイアするわけにはいかない。

赤緑の鉛スッテとエギを付け、遊津船長の合図からやや遅れて投入した。

開始早々、余吾さんとその隣の久保田さんがダブルで良型マイカを釣り上げた。すると私にもヒット

水深約80mから上がってきたのは、メタボリックなマイカだ。それからもボトムに落とし、誘いを入れるとヒット。続けて4匹釣り上げた。

船酔いでダウン・・

ダブルヒット

それからは船内沈黙タイムとなる。タルイカがやって来たからマイカが逃げたのかと、タルイカメタルのタックルにチェンジして、タルブリットを投入

底から30mまでをワンピッチで1~2回巻き上げてはステイ。それを繰り返すもアタリはない。アタリがないと船酔いがひどくなる。ここでいったん休憩をとることにした。30分ほどキャビンで横になっていると、やや楽になってきたので釣り座に戻った。

余吾さんに状況を聞くと、渋いままだという。私も仕切り直して投入。しかしウネリがきつく、酔いが戻ってしまう。今度は釣り座で横になった。

しばらくして余吾さんに状況を聞くと、船中ヒットが続いているという

次ページでタルイカ登場!