タチウオでタチウオ釣る!?指7〜9本ドラゴン連発【大分県・釣吉丸】

タチウオでタチウオ釣る!?指7〜9本ドラゴン連発【大分県・釣吉丸】

11月中盤、大分市・家島港の釣吉丸を利用して、タチウオ釣りへ出かけた。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況

今回のメンバーは釣友の佐田さん、直方市の長坂さん、鞍手郡の仲野さん。港には午前6時20分に着いて、釣具を積み込むとすぐに出港。

別府湾に出てみると北北東の風で、朝のうちはウネリがあった。釣り場に着くと、風のためかほかの遊漁船や漁船は少ない。

指4本級が船中連発!

タチウオでタチウオ釣る!?指7〜9本ドラゴン連発【大分県・釣吉丸】当日の仕掛け

仕掛けができたら釣り開始になり、船長からタナ100~130mで釣るよう指示がでた。

ドラゴン級を狙うため、エサはイワシをつけて釣りだすが、アタリがでない。エサもかじられておらず、もらったエサに替えるとアタリがでた。

掛かったタチウオは引きが良く、水深130mから上げてくるので時間がかかり、海面に来たのを見ると指幅4本級。

仲野さんは右舷胴の間で釣っていて、アタリがでてサオを見ると、かなりの引きで、上がってきたのは指幅4本級。

右舷機関場の長坂さんには3投目にアタリがでて、引きも良く、上がってきたのはやはり指幅4本級だ。

指7〜9本級ドラゴン登場!

タチウオでタチウオ釣る!?指7〜9本ドラゴン連発【大分県・釣吉丸】ラインを引き出されるやりとりを制した中島さん

午前中はタチウオの食いを誘う潮ではなく、昼から潮が良くなって、がぜん食いが立ってきて入れ掛かりになってきた。

左舷ミヨシ(船首)の中島さんに当日一番のアタリがでて、リールからイトが出ていく引きで、上がってきたのは指幅7本級のドラゴンだ。

胴の間で釣っていた須賀さんにも連続で指幅7~9本級のドラゴンが釣れてきて、最近では見ない大物だそうだ。

エサを聞いてみると、タチウオの指幅3本級をさばいてテンヤにつけたとのこと。

釣れたタチウオの切り身は特エサだと話はよく聞くが、本当に大型が釣れるようだ。

次ページで最終釣果発表!