オフショアジギング!8kgヒラマサ頭に青物多数!【山口県・進洋丸】

オフショアジギング!8kgヒラマサ頭に青物多数!【山口県・進洋丸】

11月某日、山口県萩市の萩マリーナから出船している進洋丸でジギングへ行って来た。今回は初挑戦の人も一緒で、午前5時30分に7人で出船し、見島沖の八里ヶ瀬のポイントへ向かった。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

幸先の良く3kgクラスのヒラゴでスタート

オフショアジギング!8kgヒラマサ頭に青物多数!【山口県・進洋丸】当日のタックル

約2時間でポイント到着。1.5mの波予報だったが、風と波の向きが逆で思った以上にウネリがきつく、到着早々ダウンする人も…。

水深は85~90m。170gのジグを装着し、気合を入れて釣りスタート。

ミヨシを陣取ってしまった私は、ジェットコースター並みの上下の揺れに耐えながらシャクることに。

しかし、1投目に底から3シャクリでじゃれつくような感触。食わせの間を取ると、ドン! 開始早々3kgクラスのヒラゴをゲット。船内各所でも同サイズのヒットが続き、幸先良いスタートに船内も盛り上がる。

次の流しでも底から5シャクリでドン!しかも先程とは重量感が違う。大物を確信し、慎重にやり取りを試みるが立っているのも辛いウネリの上下運動。相手が突っ込んだタイミングで船首が持ち上がり、PEラインから高切れ…。

その後、徐々に潮が動かなくなり朝の時合いは終了。こうなると先程までの勢いがなくなり、船内でも沈黙が続く。昼すぎまでほとんどアタリも釣果もないまま時間だけがすぎていく。

潮動き始めて活性急上昇!

オフショアジギング!8kgヒラマサ頭に青物多数!【山口県・進洋丸】大型ヒラマサも浮上

船長が移動を決断。約40分走って見島沖の水深75~85mのポイントへ。徐々に波が落ち着き始めたが、潮の動きは緩く反応はない。

インチクにマハタ(タカバ)がヒットする程度で静かな時間が続いたが、正午すぎにようやく潮が動き始めると、船内各所で3~5kgクラスのヒラゴやヤズが上がる。

私にもベタ底で久々のアタリがでた。しかし、まったく引かず重量感もない。エソだと思って巻き上げると、なんとロングジグを丸のみしたハガツオ。美味な魚をゲットして喜んでいると、隣ではメーター級のサワラ。

船内の活性も高まったころ、船尾で釣っていたMさんにヒット! 

ドラグを鳴らしながら10m近いファーストラン。慎重にやり取りをし、約5分のファイトで浮いてきたのは当日最大8kgクラスのヒラマサ。

その後は完全にナギ状態の海況になり釣りやすくなったものの、当日のアベレージサイズが何尾か上がっただけで納竿時間となり終了。

当日の最終釣果

結果、8kgクラスの良型ヒラマサを頭に3~5kgクラスの青物が1人1~6尾とやや寂しい釣果となった。水温低下やシケの影響もあるのか、魚の活性はイマイチで初ジギングの方には厳しい状況だった。またリベンジしたいと思う。

オフショアジギング!8kgヒラマサ頭に青物多数!【山口県・進洋丸】釣果は豪華な刺し身に

<週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
進洋丸
出船場所:萩マリーナ  この記事は『週刊つりニュース版』2018年11月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。