夢の海釣り施設!?釣り堀と海釣り両方満喫!【三重県・メガフロート】

秋が深まりファミリーフィッシングには絶好のシーズン。そこで11月半ばに三重県・南伊勢町迫間浦のフィッシングパーク佐助屋に釣行した。今回は釣り堀ではなく、メガフロート外向きで実釣だ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

メガフロート外向きがポイント

佐助屋はメガフロートで仕切った海上釣り堀がメインだが、実はメガフロートの外向きが絶好の釣り場なのだ。

魚影が濃い五ケ所湾奥に位置するこの釣り場では、クロダイやマダカをはじめ、アジやサバ、アオリイカ、マゴチ、ハマチ、ワラサなどさまざまな魚種がさまざまな釣法で狙える。

同行したのは大阪市の筆本邦之さん一家。

長男の翔太君は買ってもらったばかりの新品タックルでショアジギングハマチやワラサなどを狙うとのこと次男の賢悟君はサビキでアジ狙いだ。

釣り場の紹介

午前6時に到着、受け付けを済ませて早速釣り場へ向かう。

佐助屋のメガフロートは迫間浦の入江をメガフロートで仕切り、内側はマダイやシマアジなどが放流されている釣り堀、外向き3辺は外釣りエリアとなっている。

メガフロート釣り場

長方形のメガフロートが巨大な浮き漁礁の役割を果たしており、その下には恐らく想像を絶する魚たちがストックされているはず。

朝イチはジギング&エギング

新品タックルで釣ったのはアオリイカ

朝イチには際を群泳するクロダイやイワシらしきベイトが確認でき、いやが上にも期待値は上昇していく。

今回の釣り座は入って右寄りの外向き。朝イチの時合いは回遊する青物を狙ってショアジギングで攻めてみる。

中学2年生の翔太君は、ピカピカのタックルにジグパラ20gをセットし、フルキャストして速巻きで探っていく

だが反応はなし。早々にエギングにチェンジ。

3号のエギ王Qをキャストすると、早速ヒットしたのはトンカツサイズのアオリイカだ。してやったりの翔太君、次を狙っていくが、若干の濁りが影響しているのか続かない。

サビキでアジ狙い!

車で爆睡していたパパの邦之さんと次男の賢悟君がやって来た。

セットしたのはサビキ仕掛け。事前に絶好調が伝えられていたアジを狙うようだ。

翔太君はエギングを諦め、短ザオに胴つき仕掛けを付けてアサリエサでカワハギを狙う。

パパと一緒にサビキ釣り

アジが入れ食い!

サビキは1投目から景気よくサオ先が震えて丸々と太ったアジが登場。

小アジを想像していたが、想定以上にサイズがいい。小さくても15cm、20cm近いサイズがアベレージで、25cmクラスのタタキサイズも上がってくる。

パパはエサ詰めと魚外しに大忙しだ。

翔太君はフグとウリボウイサキに悩んでおり、カワハギの姿は拝めないようだ。ガンガンサオが絞り込まれていると思ったら、上がってきたのは巨大ヒガンフグ。

丸々太ったアジをキャッチ

釣り以外の施設充実

釣りの後は探検に

そうこうしているうちにアジの時合いは終わったようでアタリの間隔が遠くなってきた。

こうなると賢悟君は飽きてきて広いメガフロートの上を探検。

ハンモックやバーベキュースペースもあり、まさに家族のための釣り公園。

もちろんトイレや自販機も完備。

これは子供連れでの釣行にありがたい!

次ページでラストにドラマが!?