釣果は足で稼ぐべし!沖堤防投げ落ちギス!【兵庫県・本荘ケーソン】

今年は落ちギスのスタートが遅れている兵庫・加古川本荘ケーソンだが、過去のデータ的にも11月中旬ともなれば、狙って釣ればそこそこ釣れるのではないか?と思い、投げキス釣りも得意なクサフグキャスターズの石橋隆之さんを誘って偵察してみることにした。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

朝マヅメは22cm落ちギスから!

朝5時にくさべ渡船の一番船で渡り、ケーソンの根元付近のポイントから始めてみることにする。

本荘ケーソンの釣り場風景

この日の天気は晴れ。中潮で午前5時15分ごろが干潮、午後1時40分ごろ満潮を迎える潮回りだ。

タックルは投げザオ4.05m27号に投げ専用スピニングリール(ドラグなし)、ミチイトはPEライン0.8号+テーパーライン。デルナー天秤25号に仕掛けはマシーンキス3本(または4本)の7~9号を使用。エサはイシゴカイを用意した。

朝マヅメを迎え、そろそろキスからのシグナルもほしいと思っていたその時、隣で釣っていた石橋さんがようやくキスを釣り上げた!

測れば22㎝と落ちギスらしいサイズ。

私も負けまいと、石橋さんにアタリがあった3~4色付近を探ってみるが、群れが小さいのかアタリをとらえることはできなかった。

群れ小さく数伸びず・・

石橋さんは群れをとらえて午前中にツ抜け

こうなったら基本に戻って足で探そうと、ポイントを少しずつ東に移動。

そして7時過ぎにやっとブルブルッというキスらしいアタリをとらえ、19cmのキスをキャッチ!

しかし後が続かず、どうしても数を伸ばせない。

石橋さんも苦労されているようだったが、小さな群れを確実にとらえ、午前中にツ抜けを達成。

このままでは終われない・・・。

群れをとらえ10連続ヒット!

このままでは終われないと思い、帰りの船をひとつ遅らせてより広範囲を探ることにする。

石橋さんは、午前中他の釣り人がいて入れなかったカーブ付近内向きのポイントが空いたので、そこから遠投してミオ筋の深場を狙う作戦に、私は20~30m移動しては試す作戦に出た。

その結果、ちょうど真ん中付近のところでキスの群れをとらえ、2色半~3色付近でブルブルッというアタリを連続でキャッチ! それまで8匹だった私だが、うそのように1投1匹ペースで釣れ始め、気がつけば10連続ヒットで一気に18匹まで数を伸ばすことができた。

後半連発で18匹をキャッチ

しかし、時計を見るとそろそろ迎えの時間である。後ろを振り返りながら船が見えてくるギリギリまで粘ったが、迷惑はかけられないので、18匹で泣く泣く納竿とした。

一方石橋さんのポイントは、何度かアタリはあったが乗らなかったようだ。

今後の見通しとしては、もうひと潮といったところで本格的に落ちに入ると思われるので、数とともに型も期待できるだろう。私ももう一度チャレンジしたい。

<週刊つりニュース関西版APC・奥野太郎/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
くさべ渡船
出船場所:加古川
この記事は『週刊つりニュース版関西版』2018年11月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。