イカメタル15kg巨大タルイカ!ステイ意識し8杯【福井県・美浜町】

11月前半、福井県・美浜町早瀬の遊漁船へタイルカ狙いで訪れた。この日は所属しているJOFI愛知のメンバーとその友人の6人での釣行だった。エサ釣りは大野さん、植松さん、安達さん、田倉さんの4人で大ドモから左舷側に、イカメタルは右舷のトモから蔵地さん、私と並んで釣り座を構えた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

イカメタルはステイが大事!

タルイカタックル図

午後3時45分、釣り人12人を乗せた船は港を出船。ポイントへは5時すぎに到着した。

パラシュートアンカーが投入され、船長より「タナは70mくらいでやってください」との合図があり、一斉に開始した。

「イカメタルで誘い方が分からない方は言ってください」とのアナウンスがあったため、早速「教えてください」とお願いすると船長は丁寧に教えてくれた。

今までは我流だったためステイが大切なことなどを聞き、とても勉強になった。

しばらくは船中静かな状態が続く。

ステイが大切

船中1杯目をゲット!

開始から1時間ほどして70mのレンジで軽くアタリが出た。ロッドを軽く上下させると、グンとサオ先が絞り込まれたのでアワせるとヒット!

間違いなくタルイカだと思われたので、ポンピングしながら無理なく巻き上げていく。

姿を現したところで船長にギャフを入れてもらう。サイズは胴長40cmほどと小ぶりだったが、船中初ヒットにうれしさがこみ上げてくる

撮影を済ませた後、同じレンジで誘ってみたが、タイルカからのコンタクトはなかった。

タルイカキャッチ
仕切り直して70mから水面までを誘ってはステイ、誘ってはステイを繰り返す。すると40mで再びアタリがあり、アワせるとヒット。なんなく2匹目をゲットしてしまった。

船中タルイカ連発!

エサ釣りでは15kgのタルイカも

その後船中あちらこちらでアタリが出始めた。タルイカ初挑戦の蔵地さんにもヒットしたが、巻き上げ中に痛恨のバラシ。それからもアタリがなくなると、やや深めのレンジでヒットする。

タルイカはペアで泳いでいると言われているので、釣り上げてすぐにタルブリットを落とすと狙い通りにヒット。隣の蔵地さんもコツをつかんだようで、連続でヒットさせていた。

船長はギャフ入れに大忙しだ。こちらもタルイカを釣り、胴にナイフを入れ内臓を取り出し、クーラーに入れてと大忙し。

取り出した内臓は勝手に海に捨ててはいけない(バケツに入れておき、終了後に流した)ので要注意。

次ページで最終釣果発表!