本命磯乗れず向かった初磯で1投目から石鯛!【和歌山県・中紀エリア】

10月前半に運よくイシダイを3匹も釣り上げ、気をよくして10月後半にも前週と同じ中紀・衣奈の黒島へ行くことにした。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

狙いの磯は渡礁不可・・

朝5時半に坂田渡船に到着したが、当日は北風が強く、前週のポイントに船が着けられないとのこと。がっかりである。

前週はエサ切れでやむなく昼前に納竿したので、今回はエサのウニを多めに購入していたが、期待のポイント以外にも外向きは全て無理らしい。その上、黒島の内向きポイントはほとんどすでに釣り人が入っているという。

そこで平床の内向きポイントへ。ここは初めての釣り場だ。

6時半ごろに磯上がりし、1本は20m付近に、もう1本は25m付近に投げ分け様子を見ることにした。

まさかの1投目!?

「エサも入っていないしエサ取りもいないだろう」と、エサ交換のためのウニのトゲをハサミで切っていると、25m付近に投げていたサオに前アタリ。間髪入れずにサオ先が一気に海中へ入るイシダイ特有のアタリが出た。

あわててサオを持ち、アワセを入れようとしたときにサオ先がふぁ~と戻ってきてしまった。心の中で「やってしまった」と思い、サオ先を見るとイトがふけてくる。食い上げだ。

ミチイトを巻き取りアワセを入れると、ズーンと魚の重みとともに、下へ突っ込む引きが伝わってきた。

初めての磯で不安を吹き飛ばす1匹目

無事、40cm級のイシダイを釣り上げた。初めてのポイントで1投目から本命が釣れたことにビックリである。おまけに食い上げのアタリは初めて。

本命続かず・・・

すぐに同じポイントに仕掛けを投入。

アタリを待つが、そうはうまくいかない。底物らしきアタリはあるが、本アタリまではいかない。そうこうしているうちに潮も動かなくなり干潮の9時半ごろには全くアタリがなくなった。

ただ、前週同様、エサ取りは強烈だ。アタリは出ないが10~15分おきに点検をすると、ウニの芯まできれいに無い状態が続く。

当日の満潮は午後4時なので、勝負は2時ごろから…と予想してしばし休憩。風はかなり強く吹いているようで、風裏まで回り込み、時折ピトンに置いているサオが回るほど。

潮動くと底物活性アップか!?


持ち上げると嬉しい重量感が伝わってくる

午後12時半ごろから後半戦をスタート。まだ潮は動いておらずエサだけが取られる。20m以内のエリアにはエサ取りもいないが、本命もいない感じである。

正直なもので、潮が少し動き出した2時半過ぎに底物らしいアタリが久しぶりに出始めた。食い込みには至らず、エサも残り10個ほどになったのでサオ1本だけで攻めることにした。

アタリのあったポイントに集中すると、風で分かりにくいがサオを押さえる前アタリの後、一気にサオ先が海中へ。すかさずアワセを入れ、無事に本命のイシダイをゲット。

その2投後に前アタリの直後に突風が吹いて、サオが少し回った瞬間にまたもや一気にサオ先が突っ込んだ。これも40cm弱のイシダイだ。そのアタリを最後にエサも取られなくなり、納竿することにした。

今回の釣果

前回の釣行同様、35~40cmのイシダイを3匹釣ることができた。特に今回は初めて上がった磯での釣果なので大満足だ。

前週に引き続きイシダイをキャッチできた

<週刊つりニュース中部版 APC・東照雄/TSURINEWS編>

▼この渡船について
坂田渡船
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年11月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。