船宿めぐり:増栄丸【千葉県・片貝港】

外房片貝港の増栄丸は穏やかな接客で人気の船宿。今回はこちらの船宿を紹介しよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 インタビュー

脱サラで船長へ!

優しさがにじみ出ている熱田船長

舵を握る熱田正二船長(62歳)は、平成23年に同宿を継いだ。

それまでは大型船の航海士や船舶免許関係の会社に勤めており、海の知識は十分。

サラリーマン経験が豊富なだけに物腰が柔らかく、その人柄に惹かれてファンになる人も

楽しく釣りをすることがモットー

船宿周辺マップ

長く漁師をやっていた家系。

赤貝やハマグリを捕っていたが、時代とともに漁獲量は減少、先代から遊漁を兼業した。

得意とする釣り物はハナダイ、ヒラメ、イサキ、アジ、オニカサゴ、ヤリイカ、キンメなど多岐にわたる。

モットーは「楽しく釣りをしよう」。

釣果に重点を置くのではなく、休日を満喫してもらうことを目標にしている。

そのために出船時は必ず仲乗りを乗船させて、オマツリやタモ取り時に対応。

女将特製カレーライス

陸に戻ってからは軽食のサービスでもてなしている。メニューは変更になることはあるが、基本的にはカレーライス。給食センターに10年以上勤めている女将特製で美味いと評判。

現在はヒラメが安定しており狙いめ。10月14日は3.6kgを頭にトップ12尾。13日は5kgを含み竿頭11尾。

初心者も釣果を出しやすい絶好機だ!

<週刊つりニュース関東版 大谷/TSURINEWS編>

▼この釣船について
増栄丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年10月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。