良型キモパン連発!東京湾カワハギ釣り:仕立て船で仲間と賑やか釣行

10月半ば、仲間と船を仕立て東京湾へ賑やかカワハギ釣行。キモパンを目標にテクニカルなカワハギゲームを堪能した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二海堡沖から

7時に出船。強風のなか、まず向かったのは、第二海堡沖のポイント。

しかし、ここではアタリが少なく、なんとか阿部さんと有薗さんが本命をキャッチしたが「そろそろ風は収まると思いますので、ゆっくり竹岡沖に向かいます」と、アナウンスのあと移動。

竹岡沖では良型キモパン!

水深31mの深場から様子をみると、早々に村田さんが中型の本命をゲット。隣の伊藤さんも20cm級を手にする。

やがて、私の竿に強烈な引き込みが訪れ、慎重なファイトで上がってきたのは27cmのデカハギ。いきなりの大型に思わずガッツポーズ。

いつも夫婦対決を楽しませてくれている村田さんも、27cmのキモパンをキャッチして「やった、旦那に追いついた」と、満面の笑み。

ていねいな釣りで27cmのキモパンをキャッチ

ベテランも初心者もアタリ連続!

このあと、松永さん、宗像さん、若井さん、武田さんと次々に良型を抜き上げて好調ムードに。左舷大ドモの阿部さんは、持ち前の集中力で大型を3連チャンして大喜び。

若井さんはダブルを含めて良型を連釣

右舷大ドモでは、ビギナーの岡村さんと山本さんに、有薗さんと川野さんがマンツーマンの熱血指導。潮先にも恵まれた二人は、ベテラン以上に連釣し、9尾と14尾。

当日の最大魚を釣った成瀬さん

大トリを飾ったのは、主催者の成瀬さん。「まだまだ初心者です」と言いながら、9尾をキープし、28・5cmの船中最大も取り込んで破顔一笑。

13時半に沖上がりした。

<週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年11月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。