実り多き秋のウタセ五目釣り!ヘダイ中心に多目達成【愛知県・忠栄丸】

釣り仲間の余吾さんとウタセ五目釣りの計画をしていたところ、渓流釣りの師匠・小池さんから「一緒に行きたい」との連絡。10月後半、南知多町片名港の忠栄丸へ3人で釣行となった。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

本日はウタセ五目!

午前4時、私が一番乗りで到着し、しばらくして余吾さん、小池さんが到着。3人並んで釣り座を構えた。午前5時30分に出船して、伊良湖沖には40分ほどで到着。

生きのいいウタセエビが足元のオケに入れられ、仕掛けをセットしてウタセエビを尾掛けにして刺し、船長の合図で開始した。

早速他魚種ヒット!

森さんの当日の仕掛け

水深は13m。仕掛けを底まで落とし、軽く上下させて誘っているとヒット。20cmほどのヘダイを上げた。余吾さんはカワハギやベラを上げている。

その後もアタリはあるものの、なかなかヒットしない状態が続く。

そんななか、小池さんにヒット。いい引きを見せたのはサンバソウ(イシダイ)だったが、タモ入れしようと構えたが、タモへ収まる前にハリスが切れて手にすることができなかった。

しかし、さすがは師匠!その後すぐにサンバソウを釣り上げた。

続けて余吾さんにもサンバソウがヒット。真ん中に挟まれている私1人が蚊帳の外で、ヘダイやカワハギ、カサゴをポツリ、ポツリと上げる。

五目達成!

それからしばらくして、ひったくるようなアタリがありヒット。サンバソウかと思われる。しかし…、上げる途中でバレてしまった。

しばらくして誘いをかけているとヒットして、現れたのはハマチ。アシスタントのお父さんにタモ入れしてもらい無事手にできた。それからヘダイの入れ食いタイムとなる。

潮回りは違うが、昨年の同じ日にはサンバソウが入れ食いだった縁起のいい日なので、何かが起こるのでは!? と期待したのだが、この日はヘダイ祭りのようだ。

そんななか、ようやく私にもサンバソウが。今シーズン初ゲットに心が躍る。また、この時点で5目は達成していた。

サンバソウを仕留めた小池さん

船上で実食!

早い時間に食べるには十分な釣果を得られていたので、ここで一息入れることにした。ひそかに持ってきたしょうゆとワサビを取り出し、釣り上げたばかりのカワハギをさばいて食べてみた。

想像通りのおいしさに、釣りが趣味で良かったと実感。小池さんや余吾さんにもお裾分けすると、「おいしい、おいしい」と喜んで食べてくれた。

次ページで最終釣果発表!