快適空間で300尾超!遠征ワカサギドーム船釣行【長野県・諏訪湖】

長野県のワカサギ釣りと言ったら岡谷市諏訪湖のドーム船だ。雨でも風でもへっちゃら。ストーブにトイレ完備の快適空間でワカサギ釣りを楽しんできたのでレポートしたい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

民宿みなとへ

民宿みなと

10月15日、午前3時に起床し、一路長野県へ車を走らせた。

民宿みなとの周辺地図

長野自動車の岡谷インターで下車。そこから数分で諏訪湖が見えてくる。

薄暗いなか諏訪湖沿いを走り、目的地の民宿みなとが見えてきた。駐車場に車を止めて少し仮眠する。午前6時前に再び起きて受付を済ませる。

ドーム船乗船料金は大人3,700円、日釣り券1,000円、エサのベニさしエサを購入した。出航は午前7時。

快適なドーム船

ドーム船の中は快適そのもの

まずはドーム船に乗り込むと、入り口すぐの角の釣り座が空いていた。

ドーム船ではワカサギの入り口となる角が有利といわれている。

そしていよいよ出航。船長がポイントまで運んでくれる。私はどこに船を止めたか分からないが、常連さんの話だといつもより岸寄りだとのこと。

魚探の反応は特別良く思わなかったが、群れはちょいちょい入ってくる。

当日のワカサギタックル

当日の諏訪湖タックル

当日は電動タックルの二刀流で、1つの電動は2号の7本バリ、もう1つは1.5号5本金バリでスタートした。

仕掛けを落とすなり好反応。しかも型が良く、10~12cmクラスがクルクル回りながら上がってくる。

しかしモーニングタイムはすぐに終わり、渋い展開になってきた。

良型は釣れず、5~7cmの新子が釣れ始めた。さらにアタリがあるが、ハリに乗らないことが多くなってきた。

「これはいかん」と仕掛けを1号の6本バリにチェンジ。すると乗らなかった新子がハリに乗り始めた。

誘い上げからたたき誘いへ

しかし1匹1匹数を重ねていく渋い展開に変わりない。誘いも落としただけでは食ってこない。仕掛けを一度底に落としてから、上方へ誘い上げると食ってくる感じだ。

しかし、その誘いでもアタリが出なくなってきた。そこで「たたき誘い」に切り替えた。まず仕掛けを底まで落とし、底に着いたらたたき台の上で電動リールをたたくように上下に動かす。そして止めてアタリを待つ。

たたき誘いの解説図

この誘いでようやく2連、3連と連掛けしてきた。しかしこの誘いでもアタリが止まってきた。周りを見ても皆渋い表情だ。

ポイント移動が吉

ここで船長が移動を決め、少し沖へ移動。魚探の反応は先ほどのポイントよりいい感じだ。

早速仕掛けを落とすと入れ食いになった。周りもいい感じで釣れている。時計を見ると正午すぎ。カウンター見ると200匹を少し超えていた。

当日は午後1時半の早上がりなので、昼食はほどほどに釣りに集中する。

昼すぎから底の方では食いが渋くなってきたので、底から50cmほど仕掛けを上げると頻繁にアタリが出た。アワセは「小さく素早く」が船長の口ぐせ。確かに大きなアワセでは、掛かったワカサギが外れる感じがした。

次ページで最終釣果発表!