激スレポイントで46cm見えチヌ釣った【千葉・矢那川】メバル用プラグにヒット

激スレポイントで46cm見えチヌ釣った【千葉・矢那川】メバル用プラグにヒット

千葉の木更津の市街を流れる小河川「矢那川」へ、激スレチヌ(クロダイ)を釣りに出かけた筆者。難易度MAXの見えチヌを見事攻略し、46cm本命をキャッチした釣行をお届け。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

ソルトルアー ショア

スレきったチヌを狙う

筆者の地元千葉には不思議なポイントがある。その河川は街中を流れる小さな川だがとにかくチヌが多い。夏だろうが、冬だろうが、春だろうが、とにかく見えるチヌ、いわゆる見えチヌが何百匹といる。そこまで長さのある川ではないが、上流も下流もチヌだらけだ。

激スレポイントで46cm見えチヌ釣った【千葉・矢那川】メバル用プラグにヒット 矢那川の様子(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

しかし、筆者はここでチヌが釣れたのを見たことがない。もちろん、過去に何度もシーバスとこのチヌを狙って釣行したが、どちらも空振りに終わった。特にチヌは昼も夜も全く釣れない、どころか見向きもされない。考えられる理由として、おそらく完全にスレきっているのだろう。

秋には激しいボイルが起こるが、これまた全くルアーには反応しない。シーバスもスレている可能性が高い。ベイトの量は豊富で、魚の量は絶対的に多いのだが、チヌにしろシーバスにしろスレスレだ。そこで今回はそんなスレきってしまったポイントで、このなかなか釣れないチヌを狙ってみた。

見えチヌだらけの矢那川へ釣行

千葉の木更津の市街を流れる小河川、矢那川。海に近く、橋脚や地形変化があり様々な魚種が狙える魅力的なポイントだ。しかし、狙うアングラーは少ないにも関わらずシーバス、チヌ共にあまり釣れない。特にチヌはかなりの数が生息しているが、見えていても全く釣れない。

激スレポイントで46cm見えチヌ釣った【千葉・矢那川】メバル用プラグにヒット 矢那川の見えチヌ(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

そもそも見えチヌは難しいが、難易度MAXと言ってよい。バイブレーション、ミノー、ワームと色々試したが、昼でも夜でも逃げるだけで、完全にスレスレ状態だ。しかし、ボイルはあるし、チャンスがないわけではない。橋脚下の明暗部分ならどうにか掛けられるかもしれない。そこで、桜も完全に散った4月下旬にこの激ムズチヌゲームに挑んだ。

デイゲームは不発

シーバス以外のターゲットをこの時期に狙うのは久々だが、このポイントではやはりこの見えチヌを1匹でも仕留めたくなる。気合いのデイゲームから小型バイブレーションで狙うが、やはり反応なし。

激スレポイントで46cm見えチヌ釣った【千葉・矢那川】メバル用プラグにヒット 矢那川・駅から5分のポイント(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

少し濁りがあり、曇りでローライトなので昼間でもチャンスがあると考えたが、やはり甘かった。バイブレーションを早巻きで通すと見事にチヌは逃げて行く。そんなこんなでデイゲームは終了。

ナイトゲームでセイゴ&46cm本命登場!