名曲に登場する有名磯で良型カワハギ連発!【神奈川県・エボシ群礁】

10月10日(水)、あの名曲でもおなじみの神奈川県茅ヶ崎沖にあるエボシ群礁の一角、沖のトサカという沖磯に、加藤さん親子と釣行。茅ヶ崎の磯屋から渡礁した。狙いはシーズンインしたカワハギ!さて釣果はいかに?

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

当日の状況

当初、イシダイ狙いの予定だったが、前日行きつけのエサ屋に確認したところ、ヤドカリが売り切れてしまったとのこと。

そこで、当日に宿で岩イソメと青イソメ、アサリむき身の三種類を購入、磯カワハギ釣りに変更した。

曇り空で北東の微風、波は穏やかでナギ。

絶好の磯釣り日和だ。

タックル図

沖のトサカに渡礁

5時半、20人ほどで出港。港からすぐの平島群礁に立ち寄り、クロダイ狙いの数人を下ろしてから、エボシ群礁に向かう。一級磯の沖のトサカに乗ると、加藤さんたちが沖向き左側、私は右側に釣り座を構える。

ここは根が荒いため、市販の胴突き3本仕掛けでは、すぐに根掛かりしてしまう。そこで、中通し10号オモリを使ったハリス3号30cmの1本バリを使用。

まず、アサリむき身を付けて足元を狙う。水深は10mほど。仕掛けを下ろしていく途中、早くもエサ取りの猛攻。

なるべく早く着底させるため、オモリを15号に変更。なんとか厄介者を交わして着底。

ポイント図

ヒットするのは良型揃い!

イトフケをとって、穂先に集中していると、すぐにチョンチョンと、カワハギ特有のアタリがきてアワせるとヒット。カンカンと、小気味いい引きを楽しんで良型の本命をゲットする。

磯から釣れるカワハギは、どれも型がいいのが特長。

一方、加藤哲史さんは、最初のうち根掛かりや、エサ取りに苦戦していたが、お父さんの教えが効いてきて、次第にコツをつかむと本命をゲット。

なかには30cm超の特大を釣り上げ、満面の笑顔を見せてくれる。この日は大潮で、潮の流れがよく、アタリはひん繁。

大潮の影響で潮の流れがよい