死闘!2時間半!370cm・283kg超巨大カジキ【佐賀県・立蔵】

9月後半、今回は超大物との対決のために完全フカセ釣りで七里ヶ曽根に乗り込んできた。前々から師匠の船橋さんに誘われて、佐賀県唐津市・名護屋港の立蔵(立石船長)に乗船。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

なにか不気味な雰囲気が・・

タックル図

当日は、午前6時に出船。途中、活きエを購入し、1時間40分かけてポイントへ向かった。

カジキというとトローリングでの釣りをイメージされる方が多いかもしれないが、今回は活きエサのサバを使った完全フカセ釣りだ。

早速、エサのサバを鼻掛けしてゆっくりと流していく。

しかし、カレント(流れ)はあるのだがアタリはない。周辺には鳥も飛んでおらずまったりとした感じだ。

ただ、最近の釣果からすると何か不気味な感じがする。

1時間、2時間とすぎ、同船者の人たちもまったりしている。師匠は集中してラインを引いたり出したりいているが変化なし。

嵐の前の静けさか・・。

ファイト開始は突然に!

昼ごはんを食べながらゆっくりしていると、〝ヤツ〟は突然現れた!

けたたましいドラグ音を出しながら、師匠のラインを引き出していく

300mくらいラインが出たころヤツが跳ねた!

カジキだ!

今までに見たこともないデカさ!

必死の形相でリールを巻きにかかっているが、まったくハンドルが巻けていない。

船で少しずつ間合いを詰めるが、それ以上に引き出される。

1時間ほど一進一退の攻防が繰り返されたが、少しずつ上がってきた。2時間がすぎたころ、目の前50mまで寄せてきた。

2時間半で勝負あり!

2時間半の攻防で

恐怖すら覚えるそのファイトも、2時間30分でついに終焉を迎えた。

船長のモリ打ちが決まり、トドみたいなカジキが横たわっている。だがここからが大変で、メガカジキを船に上げなくてはならないが、大人5人がかりでも上げられない。

そこで、船長の友人の船で後ろから上げてもらい帰港。クレーン車で吊るしてもらい検量した。

370cm・283kg超巨大カジキ!

結果、370cm283kgの記録魚となった。

巨大カジキ

<週刊つりニュース西部版 APC・池本修久 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
立蔵
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年10月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。