東北ボートロックゲーム:好機到来でモンスター登場【宮城県・龍颯丸】

秋となり山々も沢山の鮮やかな色合いで季節の変わり目を知らせてくれています。そうなると東北地方はいよいよロックフィッシュのシーズンに突入!シーズン初期の今回はボートロックゲームでモンスターフィッシュを狙ってきましたのでその魅力をご紹介します。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

阿部 慶行
阿部 慶行

【OceanRuler FieldStaff】 【釣り河北ブロガー】 【週刊釣りニュースWebライター】 【fimoアドバンスアングラー】 東北地方を拠点にロックフィッシュメインで釣行しており、 ロックフィッシュのためなら北は北海道、南は九州とどこにでも行っちゃいます。 その他ジギングでの青物やサーフからのフラットフィッシュを楽しんでおります。 三度の飯より釣りが大好きです。

阿部 慶行の担当記事を読む
×閉じる

船釣り ボート釣り

東北のボートロックゲーム

リアス式海岸を眺めながらの釣りはこの上ない贅沢!

ロックフィッシュを船から狙う釣りのことをボートロックと呼びます。

今の時期ロックフィッシュはスポーニング(産卵)のためディープエリア(深場)からシャローエリア(浅場)へ移動をしてきており、比較的シャローでの釣りがメインとなってきます。

狙い目の水深としましては2m~5mのシャロー、10m~15mのミドルディープと言ったエリア選択での釣りとなってきます。

ロックフィッシュのスポーニングエリアは昆布や海藻が付いている岩礁地帯となっており、ボートロックではその機動性を十分に生かしてポイントをランガンしていきます。近年ロックフィッシュの人気が上昇していることもあり、それを狙うルアー船が増えてきました。

リアス式海岸の景色を眺めながら釣りができるのはこの上ない贅沢であり、海を感じながら自然と魚と戯れる事ができるとても楽しさ溢れる釣りが東北のボートロックゲームです。

ボートロックゲームの強み

ロックフィッシュを狙うにあたり東北では堤防からも狙えるのでとても身近な対象魚となっております。

しかし青物のように常に回遊しているわけではないため、その場に留まる個体数はどうしても限られてしまいます。

ボートロックでは沢山のポイントで釣りをすることができるのと、竿抜けのポイントも打つ事ができるのでショアからよりもより多くのロックフィッシュと戯れる事ができます。

一方で、海の上のため波によるアップダウンもあり、操作に慣れるまではなかなか底が取りづらいため、シンカーの重さを重くしたり、常に底取りをするようにするなど意識をしていくことが重要となります。

一方ショアではどうしても歩いて行けるポイントに限られるのと移動時間がかかってしまう為、ボートに比べるとどうしても効率が悪くなってしまいます。しかし歩いて釣れた時の喜びは本当に嬉しいものです。

ボートとショアどちらもメリットとデメリットはありますが、自分に合わせた釣りのスタイルで楽しめるよう色々チャレンジしてみて下さいね。

タックルとリグについて

タックルはスピニングタックルまたはベイトタックル

タックルは7~8ftの竿でスピニングタックルもしくはベイトタックルとなります。

スピニングタックルであればPEライン1~1.5号にリーダーがフロロカーボンの16~20lb、ベイトタックルであればラインはフロロカーボンの16~20lbがもっとも扱いやすくて良いでしょう。

これにテキサスリグがメインとなり、場合によってはジグヘッドを使用します。
テキサスリグのシンカー重さは18g~35g、ジグヘッドも同様の重さがあればほとんどのエリアをカバーできます。

私の場合ではテキサスリグをメインで使用しておりまして、シンカーは『INTER SINKER』の21gと28gをエリアによって使い分けております。

シャローであれば21g、ディープであれば28gといった具合に底をしっかり取れる重さを選択する事が一番重要です。

フックは#1/0~#3/0のオフセットフックを使用します。オフセットフックを使用するのはワームを付けた際にフックが飛び出さない為、根掛かりがしづらいという利点がある為です。

使用するワームは3~4inchが最も扱いやすくて良いでしょう。その日その日で当たるカラーが違う為、沢山のカラーを持っておくと安心ですよ。

甲殻系にするのかスイミング系にするのかもその日その日で変わってくるので揃えておくとこれまた良いですよ。

次ページでいよいよ実釣!