遊漁船で楽しむハゼ釣り:100尾超えはザラ!【神奈川県・新明丸】

江戸時代から親しまれ、手軽な道具で近場で釣ることが出来ることから釣り入門としても親しまれているハゼ釣り。今回は、船から狙うハゼ釣りを紹介していこう!

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

様々なスタイルで楽しめる!

身近な水路や運河で気軽に釣ることが可能で、食味も素晴らしいマハゼ。一部の寿司屋など、限られた飲食店では食することができるが、鮮魚店に並ぶことは少なく、ハゼ料理は釣り人の特権になっている。

陸っぱり、手漕ぎボート、遊漁船と選択肢は多い。それぞれ釣趣や釣り方は違うが、いずれもファンは多い。

遊漁船は何と言ってもフットワークの軽さが魅力。長い距離を移動、次々とポイント探っていくことができるので、4~5時間でいい人300尾を超えることがある。

鶴見川のポイント

東京湾鶴見潮見橋の新明丸は10月からショート船で出船中。

鶴見川の好ポイントまで航程10分ほどと近く、魚影が濃かった。しかし、数年前、浚渫(しゅんせつ)工事が行われると様相は一変。止むを得ず、東京湾を横断して木更津方面まで走ったことがあった。

「鶴見川はもうだめなのだろうか」と不安になった人がいるかもしれないが、心配無用。今期は新たなポイントで好調なスタートをきっている。

10月8日(月・祝)は竿頭353尾の大釣り。翌日の9日、乗船取材した。

新たなポイントで釣行

電車釣行も可能!

タックル図

当日の日差しが強く、夏を思わせるような気温。7人が乗り込むと、7時30分に高橋英夫船長の舵取りで河岸払い。

よほど遠方の人でない限り、電車釣行が可能な時間設定が嬉しい。

船はゆっくりと運河を進み、航程30分ほどで最初のポイントへ。水深は3・5mほどで、中通し竿なら2・7m~が使いやすそうだ。

右手・左手に1本ずつの2本竿を巧みに操る人、1本に集中する人、小型スピニングを使ったリール竿の人、釣り方はさまざま。

オモリは3~5号、エサは青イソメ。ハゼは小ぶりが交じるので、ハリは小さめが有利。

釣り方は様々で2本竿を操る人もいたり

次ページでいよいよ実釣開始!