ドーム船で快適ワカサギ釣り:爆釣ワカサギ487尾【山梨県・山中湖】

10月前半、山梨県山中湖村にある山中湖で、ドーム船のワカサギ釣りを楽しんだ。日本海側を台風が通過するなど、このところ不安定な天候が続いている。予報を見る限り、影響はなさそうなので、急遽向かった。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

7時半より釣行開始

受け付けのあと、7時に桟橋を離れる。このところ釣っているポイントは、斜め右沖の水深12m。

スタッフが入念に魚探とにらめっこしながら、ここぞというポイントへアンカリング。釣り開始の合図が出たのは、7時半ごろ。

ワカサギの回遊待ち

この日のタックル

まず、自前の魚探をセットして、スイッチを入れてみる。しかし、ワカサギの反応は薄く、ちょっと心配…。

仕掛けを投入すると、周辺ではポツポツと釣れ始めている。しかし、こちらにはアタリがなく、魚探の魚影は薄いまま。

やがて、アタリが出始めた

事前情報では、群れが浮いているので釣りづらいと聞いていた。たしかに魚探を見ると、湖底より1mほど上にある反応が、もっとも活性が高そうだ。

5分ほどすると、こちらにも群れが回遊してきたようだ。

1本竿を駆使しながら、アタリパターンを探す。湖底にオモリを着底させて誘うと、すぐにアタリ。軽く聞きアワせるように竿を立てるとハリ掛かり。

多点掛けを狙え!

電動リールのスイッチを入れて、一気に高速で巻き上げる。上のハリに掛かっていて、魚が大暴れ。できることなら、下のほうにあるハリに掛けたい。釣れているワカサギが大きいので、上のほうで暴れられると追い食いができないからだ。

案の定、1尾目が下バリに掛かってくると、いい感じで多点掛けとなってくれる。できるだけこのようにしないと、数を伸ばすことができない。

このあと、ポツポツと釣れ続き、2、3点掛け。時々4、5点掛けもあり、大きな群れのときには周囲も盛り上がった。

多点掛けで釣果をのばした

次ページで大量だった釣果を発表!