ライトロックゲーム!お手軽タックルでゲーム性◎【福岡県・柏原漁港】

今シーズン、夏からロックフィッシュの面白さのとりこになり、9月に入ってからも奥村さんと時間を見つけては近くの地磯に向かっている。今回は、柏原漁港(福岡県遠賀郡芦屋)の地磯から岩屋の地磯周辺を調査してみた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ロックフィッシュに夢中!

今回の釣り場

実は、すっかりロックフィッシュの虜になっている。

何回も釣行したおかげで、次第にどんな根があるのかなど海底の様子が分かるようになり、アコウやアラカブの居場所もだんだんと分かるようになった。

短時間の釣りだがボウズで帰る日はなく、釣れるアコウ(キジハタ)も秋になるにつれてサイズアップしていき、最大で35cmと、近場では納得サイズを数尾ゲット出来た

9月後半にはロックフィッシュに興味をもった垣内君が仲間入り。

午後から自宅近くの柏原漁港(福岡県遠賀郡芦屋)の地磯から岩屋の地磯にかけて探ってみることにした。

タックルと釣り方

今回のタックル

根魚の強い引きを味わうためにライトなタックルで、軽いオモリをコントロールよくテンポよく投げ込み、アピール後のフォール中心でターゲットのアコウやアラカブを食わせる作戦だ

ただ、この釣りは根の近くを釣るため、根掛かりを恐れていては成立しないので、根掛かりを恐れずに狙いの根をどの辺りから攻めるか、どの角度からワームをトレース・アピールしていくかなど、根と根の間やキワ、海溝を中心に攻める

根掛かりを軽減するためとして、3.5~7g程度の軽めのシンカーを使い、シンカーもナマリではなく、楽に遠投ができるようにタングステンシンカーを使う

また、ワームも軽めのワームで、7月・8月はほぼ海底付近でアタリが多かったのに対して、最近はアコウの活性も上がっているようで、根の上に出てきてエサを待っているのか、ワームを回収途中にガツンと食ってくることもあり、大きめのリフトを掛けたりスイミングで狙ったりしている。

次ページで今回の釣果!