オフショアキャスティング:トップゲームでヒラマサ【福岡県・玄界灘】

涼しくなり、トップウォーターでもヒラマサが釣りやすい季節になってきたので、9月末に福岡市東区・東浜船溜の遊漁船クルーズにて玄界灘のヒラマサキャスティングに行ってきた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

いきなり10kg超え登場!

いきなし10kg超えヒラマサヒット

秋の時期はベイトが日によって大きく異なるので、プラグについては15~20cmのものを用意し、キャスティングタックルはPEラインが6号のものと8号のものを準備するようにした。

午前7時に釣り場に到着後、1流し目でいきなり同船者にヒット!良さそうなサイズだったが、バラしてしまった。その直後、左舷側でジギングをしていた人にヒット!表層でヒットしたようだ。

ドラグからラインが出ていき、11kgオーバーのヒラマサをキャッチ!いきなりの良型登場に船上の期待感はヒートアップ。

ポイントの変更

その後も船の流し方を変えながら何度かキャストするが、魚の気配が特になかったので、ポイントを変えることにした。

2つ目のポイントでは、海況が良いのか遊漁船やプレジャーボートなども多かった。魚は出そうな感じだったが、釣りづらい状況だったのでヒラマサのバイトには至らなかった。

途中、ダツやトビウオがヒラマサに追われていたのが確認できたので、16cmのルアーから20cmのルアーにチェンジすることにした。

再度ポイントを変更すると?!

タックル図

この場所に早々に見切りを付けて、3つ目のポイントに行くことになった。到着後、誰がどこで投げようか同船者と話していると、先に船尾でキャストしていた人にいきなりヒット!上がってきたのは7kgぐらいのヒラマサだった。

そして船を流し直したところ、2流し目で私にもヒット!

バイトが派手でラインもそこそこ出ていくので、根ズレだけ注意して慎重に寄せてきたところ、上がってきたのは10kgオーバーのヒラマサだった(帰ってからさばくと、胃の中にサゴシが入っていた)。

再度投げ、遠投した先でヒット!しかし魚と距離がありすぎたため力が伝わりづらく、途中でバラしてしまった。

その後は潮が変わり、魚の気配は消えてしまった。

次ページでジギングも!