アジングで26cm頭に良型本命手中【山口・周防大島】 長めのワームにヒット

アジングで26cm頭に良型本命手中【山口・周防大島】 長めのワームにヒット

12月17日、周防大島にチームプログレ広島のスタッフ土岡和成さん、藤井海斗さん両名が厳寒期のライトフィッシングに挑戦。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

Avatar photo TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

周防大島でアジング釣行

12月中旬から気温の変化がいちじるしく、これまで好調だったアジング、エギングも水温の低下によって食い渋りが目立ってきた。また、この季節はどうしても北西よりの季節風が気になるため、風裏の釣り場を選びがちだ。

当日は小潮、満潮は午前2時58分だったのでこの上げ潮狙いとなった。釣り場はそれほど風が気にならなかったので外入港で釣座を構えた。

アジングで26cm頭に良型本命手中【山口・周防大島】 長めのワームにヒットタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

早速、スレアジー1.5gにアジミルクバチ2.5inchをセットし、キャスティング、フリーフォールさせた。

しかし、フォール中のアタリはなく、とりあえず2投目はボトムまで落として着底と同時にトゥイッチさせてみた。ロッドに伝わる小さなアタリをキャッチした。アジのサイズは25cmオーバーの良型である。

水温低下に苦戦しつつ26cm追釣

一方、藤井さんはエギをフルキャストして前回の汚名返上とばかりにアオリイカに集中していた。数回、イカパンチを受けたらしいが、エギを抱くまでにいたらなかったようだ。

土岡さんはとにかくアジ狙いなので数、型もほしいところだが、急な水温低下に魚の反応もシビアになっている。

アジングで26cm頭に良型本命手中【山口・周防大島】 長めのワームにヒット周防大島で良型アジキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

しびれを切らした土岡さんはアジ職人ソフトサンスン3inchメロングロウに交換し、沖にフルキャストしてゆっくりリーリングしながらワームを泳がせていると、小型のアジがヒットしてきた。

やはり、ワームのテールが長い方がアジに効果的にアピールすることが分かる。しかも、アジ職人は太さもちょうどよく、スレアジーとの組み合わせも抜群だ。その後、26cmのアジを追加し、納竿とした。

<週刊つりニュース西部版APC・川原直毅/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
周防大島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2023年1月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。