ティップランエギング攻略!タックル&エギ&釣り方【概要解説】

ティップランエギングとは名前の通り、ロッドティップ(穂先)にでるアタリを捉えて掛ける釣りのことだ。使用するタックルやエギから、釣り方までのキホンを簡単に解説しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ティップランエギングのタックル

ティップランエギングとは?

竿は繊細なティップと、エギを海中でアクションさせるためのバットパワーが必要。

専用品の使用を勧める。しかし、「まずはやってみたい」という人には、シロギス竿やひとつテンヤ竿などで代用できないことはない。

ティップにイトが絡んだ状態でシャクると穂先を折るので要注意。

リールはスピニングを使用。イトフケでアタリを取ることも多いので、ミチイトは感度のいいPEライン0.6号前後。2号前後のリーダー2mほど。

ティップランエギングのエギ

エギはタイプ別に各種揃えてのぞむ

専用の3.5~4号30~40gを使用。陸っぱり用は3.5号20g前後が主流なので、そのままでの流用は厳しい。

エギに装着するタイプのシンカーや追加したり、写真を参考にウエイトチューンするのも手だが専用品が無難。有効なカラーは状況によりさまざま。

まずはタイプ別に数種類そろえて、釣れている人のカラーに似たものを選んでいくといいだろう。

基本的な釣り方

アタリの出方は3タイプ

風や潮で船を流す釣り。

そのため、片舷に並んで釣りをする。ただ回収投入を繰り返すだけでは、結局同じ場所しか探ることができず、釣り逃すことが多い。船が流れていることを意識することが重要。

アタリの出方は大まかに3タイプ。とにかく違和感を覚えたらアワせる。

また、アワせて空振りしても、そのまま落とし込めばエギを抱いてくることもあるので最後まであきらめないように。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年10月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。